フットワークを上手くやるために自分がやってきた練習法とは……

フットワークというのは、ボクシングには欠かせない。

まずは、前後のフットワークをしっかり練習することだ。

 

フットワークを使えば、防御にもなるし攻撃にも使える。

フットワークは、かかとを少し上げた状態で前後にステップする。

 

僕は現役の頃、フットワークを重要視していた。

まずは基本の前後のフットワーク、次は前後のフットワークをしながら

相手の周りを回るイメージでやる。

 

サンドバッグを打つ時も、フットワークを使いながら打つ。

今では、ラダートレーニングのようなトレーニング法もある。

 

僕の時代には、あのはしごのようなものは使わないまでも、

イメージしながら、足を前、後ろに出しながら横に動いたり

後ろに動いたりしていた。

 

反復横跳びのように、横に飛ぶ練習などもしました。

 

そして、フットワークのいいボクサーを見て練習もしました。

あのボクシング映画「ロッキー2」でロッキーがアポロに教えてもらっている

フットワークの練習の場面も参考にしたりしていました。

 

1日のジムワークの中でも、フットワークだけの練習を取り入れてみましょう。


★合気道体術の研鑽と武器取りの世界【合気道本部道場町 植芝充央 監修】★
★バスケットボール・ドリブル上達革命【元JBLプレーヤー堀 英樹 指導】★
★ バスケットボール上達革命~試合で得点が取れる選手になる方法~【bjリーグアカデミー校長 東英樹 監修】★


スポンサー広告



ボクシングに関する悩み、ご相談があれば何でも話して下さい。
僕が出来る範囲の事なら、何でもお教えします。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です