ボクシングが強くなった45歳の頃、若い頃との違いとは?

僕は、若い頃はボクシングが強くなかった。

スパーリングでも、2R戦うとバテバテで戦えなかった。

 

しかし、45歳の頃若い選手相手に選手を変えて4ラウンドスパーリングしたけど

全然バテてなかったんです。

 

なんでやろう……?

 

考えてみたら、若い頃は構えているときから力が入っていて

ジャブを打つ時も力いっぱい踏み込んで打っていた。

 

パンチを避ける時も、体中に力が入っていたのである。

そんなことをしていたら、そりゃバテますよね。

 

45歳の頃は、まずはリラックスすることを意識した。

そして、相手の胸あたりを見ながら戦うようにした。

 

相手の顔を見ないほうが力むことなく戦えたのである。

そして、胸あたりをみていると体全体の動きが見えて

パンチを簡単によけれるようになった。

 

こんなコツを知っていれば若い頃、もっと強くなれたかもですね。


息ラクラク、快適マスクご購入はこちら

日本発のアウトドアブランド【WAQアウトドアストア】
スポンサー広告



ボクシングに関する悩み、ご相談があれば何でも話して下さい。
僕が出来る範囲の事なら、何でもお教えします。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です