いいパンチをもらっても倒れない気持ちの強さ。

俺が、トレーナーを始めた頃には練習生とスパーリングすることがよくありました。

俺は基本的に、ヘッドギアは付けなかった。

練習生にパンチをもらうはずはないという自信があったからである。

しかし、一度喧嘩自慢の練習生がいて俺よりも一回り大きかった相手が

パンチをブルンブルンと振り回してくる。

そのパンチを、もろにもらったことがある。

その当時練習していたジムのリングが小さくて、

俺のようなフットワークを使うボクサーには

非常に不利でやりにくかった。

余裕でパンチを避けれると思っていたけど、ドカ~ンとパンチを打たれた。

そやけど、こんな練習生のパンチで倒れてたまるか。

その気持ちの強さで倒れることはなかったが、気持ちが弱かったら倒れていたやろうな。

そいつのフックは大振りで体ごとぶつけてきたから……

顔の前に星は出てきたが、練習生のパンチで倒れるわけにはいかん。

その気持ちが強くて倒れんかった。

そこで思いだしたんやけど、井上選手がドネアの右ストレートをアゴに打たれた。

少し、足に来た感じもあったが倒れなかった。

あの時に、子供顔が浮かび、弟の顔が浮かんで「負けられん」という

強い気持ちがあったからこそ、倒れずに勝てたんです。

本当に気持ちは大事ですね。

 

 


理想のカラダの実現、パームスなら2ヶ月29,800円~で叶えます!

ボクサーに役立つプログラム販売しています
■初心者・プロ向け!元東洋チャンピオン三谷大和ボクシング練習法dvd(17600円+送料)
■超初心者向け!元日本3階級制覇 前田宏行ボクシング練習法dvd(9800円+送料)
■他のジャンルのDVDが欲しい方はこちら>>

スポンサー広告



ボクシングに関する悩み、ご相談があれば何でも話して下さい。
僕が出来る範囲の事なら、何でもお教えします。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です