ボクシングの基本は、やはりジャブだ。

ボクシングの基本はやはりジャブ。

ジャブを鍛え上げれば、試合を支配できます。

ロマチェンコが負けたのはジャブが足らなかったからだ。

井上尚弥が勝ったのは、ジャブが多く出ているからだ。

普段から、ジャブの練習をしていると、試合でも自然とジャブが出るものだ。

井上尚弥選手のジャブは、他のボクサーの右と同じくらいの強さがあるという。

どうやったら、そんなジャブが打てるのか?

やはり、バランスがいいしジャブを打つ時の腕と脚にも注目することだ。

肩の入れ方や、後ろ足の蹴り方に注目してみて下さい。

それにしても、構えた位置からモーションなしであれだけ強いジャブを打てるなんて考えられない

井上選手は、体幹もしっかりしているので足腰の強さも関係している。

ボクサーの皆さん、とにかくジャブをしっかり練習して下さい。

今日もジムワーク頑張って下さい。

コロナ対策しながらですね。


息ラクラク、快適マスクご購入はこちら

日本発のアウトドアブランド【WAQアウトドアストア】
スポンサー広告



ボクシングに関する悩み、ご相談があれば何でも話して下さい。
僕が出来る範囲の事なら、何でもお教えします。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です