チャンピオンの条件は、打たれ強いことも大事だ。

世界チャンピオンになると、ただパンチ力があるだけでは勝てない。

打たれ強いことも大切になってくる。

井上尚弥選手を見て下さい。

ドネアとの試合で見せた打たれ強さは凄いものです。

あの大パンチをもらっても倒れない肉体と精神の強さは驚きます。

井岡一翔選手も倒れないでしょ。

田中選手のいいパンチをもらっても平気な顔をしていました。

2人とも三半規管も鍛えているんです。

井上選手は、ドネアにパンチをもらうことを想定して、練習していたと聞く。

よく子供の頃にやったバットをもってぐるぐる回る奴です。

そして井岡選手は、でんぐり返しをするようです。

三半規管を鍛えることで、パンチをもらっても回復が速くなるのです。

あなたも出来ることをやってみて下さい。


オリジナルコンテンツ数No1!【ABEMAプレミアム】


スポンサー広告



ボクシングに関する悩み、ご相談があれば何でも話して下さい。
僕が出来る範囲の事なら、何でもお教えします。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です