右ストレートが当たらない……どうすれば当たるのか?

右ストレートって初心者ボクサーのうちは、なかなか当たらないものです。

右ストレートって当てようと思ったら、かなり踏み込まないと当たらないのです。

しかし、踏み込むのって非常に勇気がいることですよね。

怖さのあまり踏み込めない……

もう少し踏み込んでいればKOできるのにと思う。

上半身だけ前にいけばパンチは流れる

やはり下半身からパンチを打ちこまないと倒せるストレートは打てない。

そのためには、やはり左のジャブで距離を測らないといけない。

自分にピッタリの距離さえつかめれば難なくストレートは当てることはできます。

距離は非常に大切です。

いい距離で当たればKOもできます。

距離は下半身(腰)のヒネリと肩の入れ方で変わる。

そして右を最短距離で打つことが大事です。

構えた位置からズバッと打つ。

狙うのはアゴの先端です。そこをめがけて拳のナックルを前に向けて打つ用意をしておけばいいんです。

ジャブのワンは、おとりとしてスピードで、相手の目のあたりに伸ばせば目かくしにもなりますから、次の右ストレートは見えていない場所から飛んでくる感じになります。

左ジャブから右ストレートへのつなぎは速くすること。


★合気道体術の研鑽と武器取りの世界【合気道本部道場町 植芝充央 監修】★


スポンサー広告



ボクシングに関する悩み、ご相談があれば何でも話して下さい。
僕が出来る範囲の事なら、何でもお教えします。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です