左フックは初心者には難しいパンチですね。

パンチの中で、なかなか上手く打てないのは左フックですね。

プロボクサーの世界チャンピオンで左フックが非常に上手くて強いボクサーといえば、井上尚弥、ゴロフキン、ドネアっていうところだ。

ゴロフキンのフックは、非常に特徴的です。

肘を高く上げて、上から下に打ち下ろすような左フックを打ちます。

井上選手は、あのパッキャオに左フックの打ち方を教えてもらい、その時から打ち方が変わった。ゴロフキンのような左フックを打つようになった。

カウンターの左フックを打つ時はまた違う打ち方をしますが、その時々で打ち方を変えながら打つという器用な事をしているのが井上選手だ。

説明するよりも井上選手の試合をユーチューブで見て下さい

勉強になります。⇒井上尚弥KO集はこちら


★合気道体術の研鑽と武器取りの世界【合気道本部道場町 植芝充央 監修】★


スポンサー広告



ボクシングに関する悩み、ご相談があれば何でも話して下さい。
僕が出来る範囲の事なら、何でもお教えします。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です