拳四朗のジャブが凄い!

このブログでもジャブの重要性をお話してきましたが、

今回の拳四朗の試合を見ましたか?

ジャブが生きていましたね。

練習では、ジャブの連打を練習してきたようです。

近距離のときには、ガードを上げておいてジャブをうち

距離をとった場合は、フリッカージャブというように

ジャブを使い分けていた。

さすがのメリンドも、あれだけジャブを出されたら

前に出てこれないですね。

可愛い顔して童顔の拳四朗だけど強いですね。

基本に忠実にジャブを打ちまくれるのが武器ですね。

ジャブを出しているおかげで、距離を測りやすいし

相手が出てきても、自分の距離を作れていました。

そして、このジャブがどんどん当たりだすと当てられた方は

戦闘能力を失うんです。

それくらい、ジャブというのは嫌なものなんです。

これだけ、ジャブがあたるとストレートも当たりやすくなる。

拳四朗は、基本に忠実にボクシングをして勝ったのである。

八重樫選手を1回でKOしたメリンドが、拳四朗にいとも簡単に

負けてしまった。

この試合は、本当に拳四朗のジャブに負けたといっても

過言ではない。

ジャブの大切さが非常にわかる試合でありました。

ボクサーの皆さん、これを機会にジャブを今まで以上に

磨いて下さい。


元ボクシングトレーナーが練習法を教えます 元ボクシングトレーナーが実際にやっていた練習法を教えています

三谷大和ボクシングDVDプログラム内容とレビューはこちら



フリッカージャブ

前回のハーンズの試合しましたか?
ハーンズと言えばフリッカージャブ
使い手としてはナンバーワンの選手でした。
ハーンズは腕が長くてフリッカージャブを
打つには最適な体型をしています。
ガードを下げた位置から
しなるようなジャブをうちますね。
まるでムチのようです。
僕も若い頃は、フェザー級にしては
背が高くて、腕が長かったので
よくフリッカージャブを打っていました。
スパーリングで、格下の相手とやるときは
バンバンフリッカージャブが当たるのですが
やはり、新人王の選手とか日本ランカーの選手と
スパーリングすると、反応が遅れてしまい
パンチをもらってしまいます。
フリッカージャブを打つ場合は
ガードは下がった状態になっていますから
相手の動きやパンチに素早く反応しないと
いけません。
フリッカーの場合は、アゴがあきますから
ジャブのスピードが遅いと、カウンターの
右をもらっちゃいます。
だから、相手が動いたら
すぐにジャブをしたから
突き上げて下さい。
動いたらすぐですよ。
そうすることにより
相手は、中に入りにくくなります。
反応が遅いと相手は、
長い腕をかいくぐり、ふところに
入ってきます。
ふところに入られてしまうと
逆に長い腕が邪魔になってしまいます。
その長い腕を有効に使うためにも
早い反応ということを意識して下さい。


元ボクシングトレーナーが練習法を教えます 元ボクシングトレーナーが実際にやっていた練習法を教えています

三谷大和ボクシングDVDプログラム内容とレビューはこちら