後ろ足に重心をかけて戦う防御中心の戦い方をするカシメロ

今日はワンポイントアドバイスということでお話しします。

今度井上尚弥と対戦するカシメロですが、攻撃的なボクサーです。

 

しかし、このカシメロの戦い方をユーチューブで見て下さい。

体重を、常に後ろ足にかけて戦っています。

 

体も前傾姿勢ではなくて、少し後ろに傾ける感じで戦っています。

 

距離をバックステップだけではなくて、重心を後ろ足に置くことで

相手との距離を遠くしています。

 

そして、攻撃の時は後ろから思い切って体ごと打ってきます。

あなたも、カシメロのマネをして少し後ろ足に重心を置いて

相手から、顔を遠くして戦ってみてはいかがですか?

距離を強引に潰してくるボクサーを、どのように対処すればいい?

ボクサーで、強引に距離を潰してくるボクサーがいますね。フィリピンボクサーの殆どがそうだ。

いくら距離が遠くてもいきなり飛び込んでうってくるので怖いのである。

 

例えば、ドネアやカシメロもそうだ。この2人は少しでも弱みを見せたらイッキにきますね。

 

しかし、井上選手はドネアのパンチをことごくかわしていました。もらったいいパンチは2発だけですね。

あの2発を耐えた井上選手の耐久力は凄いですね。

 

そこで、いきなり飛び込んでくるボクサーにはどう対処すればいいのか考えてみた。

このようなボクサーのパンチをかわすために、後ろに下がるだけではどんどん詰めてくるので相手の思うつぼだ。

ブロックすれば、どんどんパンチを打ってきてペースをつかまれる

飛び込んできたパンチをバックステップでかわしたら、すぐにサイドに動くことが大事だ。

 

サイドに動いても、どんどん追ってくるのがフィリピンファイターの特徴だ。そこを追い上げられないようにダッキングで空振りさせることが大事です。

 

そして、いきなり距離を詰めてくるボクサーには、カウンターも打ちにくいものです。

 

パンチが近すぎて、あまり効かない場合もあるのであります。だから少しバックステップしながらカウンター狙うことです。自分の距離を作ってカウンターを打つということです。

 

イッキに距離を詰めてくるボクサーの踏み込みは速くてパンチが伸びてくるのでバックステップしながらスウェーバックすること、そしてスウェーの後には右か左にダッキングしてサイドに回り込む。

 

この練習を何度も何度も繰り返すことです。

ボクシングは打たれないことが一番大事。防御技術をしっかり練習して磨いておこう

クシングは、攻撃しないとKOは出来ないし勝てないかもしれないけど、防御もしっかりしていないと勝てない

打たれないということは非常の大事なことですね。打たれないと単純に選手寿命は長くなります。

打たれ過ぎると、やはりダメージが残りパンチドランカーになる確率も高くなります。

防御の練習は、毎日の練習の中でしっかりとやっておくことです。

防御方法には、ステップワークや、ウィービング、ダッキング、スウェーバック、ブロックと色々ある。

村田諒太選手は、防御は殆どブロックで相手のパンチを防いでいるので下手したら相手にペースを握られたズルズルと判定負けすることがあるかもしれません。

相手のパンチをどこにも当てさせないのが一番いいけどボクシングでは、なかなかそう上手くはいきません。

あの井上尚弥選手でさえ被弾することがあるのですが、あれはベテランのドネアのテクニックにやられた感じです

パンチをもらわないことは、相手の距離に入らないことが大切やけど、そのためにはジャブが大事になってくる。

井上選手がピンチの時に、ジャブをどんどんだすことでドネアは中に入れなかった。

前後のステップとジャブとブロックを駆使すれば防御はできる。

相手のパンチをかわし続けていれば、いつかチャンスが訪れるので、そこでKOをすればいいのである。

相手がジャブを打って来たら、後ろの足を少し引きバックステップして相手の距離を潰してしまう事。

ジャブが来たら、パリングしてリターンジャブを打つ、こうやって相手を自分の距離にいれない事だ。

防御のためには距離は非常に大事。

そして普段から防御の連動した動きを練習することが重要だ。

左にダッキングしたら、すぐに右にダッキングする。ダッキングの後は少し後ろにスウェーバックするというように、この連動した動きを練習することだ。

もし、あなたが攻撃の練習を中心の練習をしているのなら、これからは防御中心の練習に切り替え打たれないボクシングを意識して練習してみよう。

ボクシングでは、やはり防御が大事ですね。

井上選手の試合を見てつくづく防御の大切さを感じました。

ドネアのパンチ一発で右目の上を切ってしまった井上尚弥だが、その後の戦い方では、体にしみついた防御技術で、パンチをかわしカウンターを当てていた。

右目が2重に見えたという状態でも、あれだけパンチをかわすのには日ごろの防御の練習がいきているんですね。

完全に体が、自然に動いている感じです。

ボクサーに大切なのは、防御です。打たれないボクシングが出来るという事は相手が見えているという事なので、KOもしやすいんです。

ジムワークでは、必ず防御の練習をしておきましょう。

ブロックで相手のパンチを流せ!

相手のパンチを受ける時に、ブロックしますね。

しかし、ブロックもまともに止めてしまうと相手のパンチが効いてしまうこともある。

井上尚弥のパンチがそうだ。相手のブロックの上からでも倒してしまうのです

あれは、ブロックしてパンチを力で止めようとしているから、脳まで響くのです

ブロックしたら、少し内側に流すようにするとパンチの威力は軽減されます。

そして、そうすることで相手のパンチの強さを測れることもできます。

忘れない様にして下さい。真正面から腕の力だけでパンチを止めてもダメです。

必ず、ブロックしながら内側に流すのですよ。

強かった頃のマイクタイソン

マイクタイソンは、非常に強かったが負けてしまった。

あの時はショックを受けたものです。

強かった頃のタイソンは、頭をよく振り防御がうまかった。

そして、下から突き上げるようなジャブを打っていた。

しかし、途中から頭も振らずに、ただ一直線に前に行き

いきなり右フックを振るおうとすることが多くなった。

ヘビー級では小さなタイソンは、相手の長いジャブのえじきになってしまった。

防御こそが、タイソンの武器だったはずなのに……

守ることの大事さ

いつも、話していることやけど

ボクシングは防御が大事や。

いや、ボクシングだけではなくスポーツは守ることは大事。

スポーツ全般というわけではないが、

最近野球を見ていると、巨人が逆転負け喫していた。

前半の得点をまもれない…

投手が打たれてしまう。

その他、エラーで負けてしまうケースもある。

守りが悪いと負ける。

僕が高校時代に、2年からサッカーを始めた。

その時に、僕はフォワードかハーフを任されていた。

僕は、スタミナがあり毎日の練習後の10キロ走るのも

サッカー部ではトップでした。

だからある試合で、相手のエースに得点させないように

監督から、「ピッタリついて得点させるな」と言われて

僕は途中まで守りまくった。

だから、相手の得点がなかった。

しかし、このままいけば0対0のままいってしまう。

監督は、「前田もう守りはええから点取ってこい」といわれて

相手のマークを外して、攻撃に出たのです。

そしたら、守りがおろそかになり

相手のエースにハットトリックされてしまった。

しかし、うちのチームは点を取れなかった。

この時に、守りの大切さを知りました。

あの時に、とことん守りに徹していたら同点のまま負けずにいけた。

勝てないまでも、負けが付かなかったかもしれない。

PK戦で勝てたかもしれない。

そんなことを、昨日考えていた。

ボクシングも同じで、守り(防御)は絶対に大事。

相手の、たった1発でKOされることもある。

その守りの中から、KOのチャンスをつかめばいいのである。

井上尚弥、那須川天心は、守り中心の中でKOをしている。

皆さんも、攻撃だけではなくて防御をしっかり練習してほしいですね。

 

 

 

パンチを当てさせるな!

パンチは当てさせてはいけない。

何故かというと、ボクシング選手の寿命が短くなるから

それは、当然の事やけど打たれずに試合を終えるのは無理だ。

とは言っても井上尚弥の様に打たれないボクサーもいる。

しっかり防御の練習をしておけば、打たれることも少なくなる。

自分の得意の距離を知り、相手にその距離の中に入られない

入らせない事や。

井岡、井上の試合を見ろ。

距離の保ち方が完璧や。

相手が出てきたら、半歩引く

相手が引けば詰めて攻撃する。

そのタイミングが非常にいい。

あなたも、距離を冷静に測り打たせないボクシング心がけましょう。

あとは集中力ですよ。

井上尚弥とタイソンの共通点とは…

昨日、ボクシングニュースを見ていたら井上選手とタイソンについての記事が書かれていた。

当然どちらもKOが多くてパンチが強いというイメージや。

しかし、その裏には防御のうまさがある。

2人ともパンチを避けるのがうまい。

トレーナーは常に防御を教えていたのである。

ボクシングは防御から始めるのが一番大事なのである。

強いパンチが生かされるのも、あの防御技術があるからこそなんですね。

ボクシングを始めたばかりの初心者ボクサーたちも

攻撃の練習と同時に防御技術も練習してほしいですね。

攻撃は最大の防御とも言われますが、それは選手の実力の差が開いている場合の事で、世界のレベルでは攻撃だけでは勝てないのである。

ダッキングの練習をしましょう。

最近、初心者ボクサーに向けて記事を書いています。

今日は、ダッキングについて書いていきます。

ダッキングとは、相手のパンチをよける時に頭を左右に動かして

避ける防御方法です。

ダッキングするときは、ひざをゆったりしてひざを曲げて

ひざでよける感じでパンチをかわします。

相手のパンチを、うしろでよけるのではなく

前でよける感じになるので攻撃に移りやすいですね。

相手の左シャブを避ける時は、自分は左に状態を傾けてよける。

この時に、体重が左足にかかり右足は、ひざが内側に曲がった感じになる

そして、相手が右ストレートを打ってきた場合は

状態は右に傾き、足は左足が内側に曲げています。

そして右足は、外に向いていてゆったりと曲がった状態です。

この時に上体だけでよけてはいけません。

ひざを常に柔らかくすることでパンチはよけやすくなります。

この時も、ガードはしっかりしておいて下さい。

そして、相手のパンチは顔面すれすれでよける練習をしておきましょう。

顔面すれすれでよけることでカウンターを狙いやすくなります。

これは、相手を作って対面でマスボクシングで練習してみて下さい。