距離を強引に潰してくるボクサーを、どのように対処すればいい?

ボクサーで、強引に距離を潰してくるボクサーがいますね。フィリピンボクサーの殆どがそうだ。

いくら距離が遠くてもいきなり飛び込んでうってくるので怖いのである。

 

例えば、ドネアやカシメロもそうだ。この2人は少しでも弱みを見せたらイッキにきますね。

 

しかし、井上選手はドネアのパンチをことごくかわしていました。もらったいいパンチは2発だけですね。

あの2発を耐えた井上選手の耐久力は凄いですね。

 

そこで、いきなり飛び込んでくるボクサーにはどう対処すればいいのか考えてみた。

このようなボクサーのパンチをかわすために、後ろに下がるだけではどんどん詰めてくるので相手の思うつぼだ。

ブロックすれば、どんどんパンチを打ってきてペースをつかまれる

飛び込んできたパンチをバックステップでかわしたら、すぐにサイドに動くことが大事だ。

 

サイドに動いても、どんどん追ってくるのがフィリピンファイターの特徴だ。そこを追い上げられないようにダッキングで空振りさせることが大事です。

 

そして、いきなり距離を詰めてくるボクサーには、カウンターも打ちにくいものです。

 

パンチが近すぎて、あまり効かない場合もあるのであります。だから少しバックステップしながらカウンター狙うことです。自分の距離を作ってカウンターを打つということです。

 

イッキに距離を詰めてくるボクサーの踏み込みは速くてパンチが伸びてくるのでバックステップしながらスウェーバックすること、そしてスウェーの後には右か左にダッキングしてサイドに回り込む。

 

この練習を何度も何度も繰り返すことです。

三半規管を鍛えるために世界チャンピオンが実践している練習法とは?

三半規管を鍛えておけば、いいパンチをもらってダウンしても回復が早いという。

実際に井岡一翔選手は、練習後にリングのコーナーからコーナーを斜めにでんぐり返しを繰り返す練習をしています。

そして、井上尚弥選手はドネア戦の前にパンチをもらうことを想定して三半規管を鍛える練習をしていたという。

その練習法というのも、昔僕たちもやったことがあるようなその場でグルグル回る方法です。

その場で、下を向いてグルグルと回り一度しゃがんでカウントを数えてもらい8カウントくらいで立って直ぐにシャドーボクシングをやるという練習法だ。

この練習法を毎日実践してみて下さい。三半規管が鍛えられてダウン後の回復力がアップしますよ

ボディ打つには、ストレート系が安全や。

ボディ打ちといえば井上尚弥という感じですね。

しかし、あのレバーブローは非常に難しい。

僕も現役時代は、あんなボディ打ちは教えて見らわなかったし

実際に打てなかった。

何故かというと、恐いからです。

相手の中に入らないと打てないので危険なんです。

だから、僕はいつもボディ打ちは左のジャブ・ストレート

右のストレートをボディによく打った。

上、上、上と上を狙いながら、素早くボディへ

ボディのストレートは、あまり相手の中に入らないので

危険度も少なく、打ちやすいし当てやすい。

この場合は、みぞおち辺りを狙えばいい。

息が出来なくなるくらい苦しい。

打つときは、体を折り曲げてはいけない。

体だけを折り曲げてしまうと、顔は下を向いてしまうので

相手から目をそらすことになる。

だから、ひざを柔らかくしてひざを曲げて腰を落として打つことです。

この時も下半身がしっかりしていないとバランスが悪くなります。

もし、あなたがボディフック打ちが苦手というのなら

まずは、ストレート系のボディから練習してみましょう。

モーションのないジャブをマスターする。

ボクシングで強くなる練習法では、

まずジャブを当てる練習をしましょう。

ガードの位置から、モーションのないジャブを当てる練習だ。

肩も動かさない。そしてグローブも動かさずに

急にジャブが飛んでくる。

これは、よけにくい。この練習はしておかないといけません。

モーションのないジャブを打てていないあなたは、

徹底して練習して下さい。

ボクシングが上達しないと悩む40歳の男性

40歳でボクシングに興味を持ったけど、なかなか上達しないという悩みを持つ男性から、どんな練習をすれば上達するのか?という質問が届きました。

この男性はスタミナがすぐに切れてしまい、息が上がりミット打ちも手足がバラバラになるくらいバテるようです。

40歳で会社員の方は、朝早く毎日走ることもなかなかできないことでしょう。

ジムには会社帰りに週3回か4回通っているとのことだ。

ボクシング初心者の場合、そんなにすぐに上達することはないですよ。

やはり、継続していかないといけません。週に3回、4回なら十分な練習量なので慣れてくれば、そのうちスタミナもつき上達することでしょう。

ミット打ちなどは、慣れないうちはチカラが入り過ぎてバテるものです。

ミット打ちというのは、強いパンチを打とうとリキむものです。

ミット打ちは構えているときは肩のチカラを抜いて、スピードで打てばいい。

ジャブは軽くスピードで打ち、次のストレートに力を入れて打つ。

ワンツースリーなら、スリーだけ力を入れるなど強弱をつけるのがコツです。

ミット打ちは初心者のうちは、すべてのパンチに力を入れてしまいがちだ。

力を抜くところと入れるところを考えて練習すればいいです。

スパーリングなどでも、相手がいるので力が入り過ぎるので1分もすればバテバテになってしまうんです。

それが、どんどんスパーリングを重ねていくうちに、慣れてきて力が抜けてバテにくくなります。

最近始めたボクシングなら、焦らずにやっていればスタミナは付いてきます。

僕は、若い頃にボクシングをしていて45歳の頃にジムに復活しました。

さすがに、最初はシャドーボクシングでバテるくらいでしたし、ミット打ちも息が上がりバテバテになっていましたが、3か月くらいになると楽になりました。

スパーリングの時も、違う相手2人で計4ラウンド戦ってもバテなくなりました。

普段も時間があれば、朝走りに出かけたりもしていました。

シャドーボクシングでも、1人でやるんではなくて2人で向かい合いながらやりました。

そうすることで、緊張感がでるので1るでやるよりもバテますのでスタミナがつきます。

40歳という歳なので、あまりスパーリングばかりやっていては体を壊してしまいますので、マスボクシングが有効になってきます。

マスボクシングなら、相手と本気で殴り合うわけではないので体を壊すことはないので安心です。

そして、技術も身につきスタミナもつきます。

マスボクシングのやり方と有効性

マスボクシングは、スパーリングとは違い本気で殴りあってはいけません。

ついついエキサイトして本気になる人もいますが間違っています。

多少は当たることもあるかとは思いますが、お互いに何を課題にしてやるのかを決めておくことが大事です。

ほぼ寸止めなんですが、そのパンチの打ち方やかわし方を確認しながらやる事が大事なのである。

マスボクシングは2人で向かい合いグローブをつけてやるので実践に近くなるということもあり、結構バテやすくスタミナもつきます。

技術もつき、スタミナもつくというマスボクシングはやるべきですよ。

瞬発力を鍛えればKOが増える。

KOが多いボクサーの試合を見ていると、

当たる瞬間の瞬発力が凄いことがわかる。

その瞬発力を鍛えるために僕はこんな練習をした。

●ゆっくり走っていて、急に速くダッシュする。

●高くジャンプをする。

●台を用意してその場でジャンプして台に乗る。

●ジャンプスクワット

●立ち幅跳び

など瞬間的に速くい動きをすることで瞬発力は鍛えられる。

井上尚弥選手がパヤノをKoした試合を見れば一目瞭然だ。

普段から、瞬間的に速く動く練習を取り入れましょう。

井上尚弥選手の会長「大橋秀行のボクシング練習法DVD」

今日、WBSSでパヤノ対戦する井上選手のジムの会長「大橋秀行」が教える

ボクシング練習法、上達法のDVDが楽天で販売されている。

大橋会長といえば、現役時代はカウンターの名手で

高いガードの隙間から相手をのぞき込み、上手くカウンターで

倒していたボクサーだ。

ボディ打ちも上手くて、世界戦でも強烈なボディブローで倒していた。

そんな大橋会長監修のDVDです。

参考になると思いますよ。

 

 

 

 

ボクシングで強くなるには、どんな練習をすればいい?

ボクシングで強くなるために、世界チャンピオンたちは

どんな練習をしているのだろうか?

初心者ボクサーには、わからないことも多くあると思う。

しかし基本的に練習内容は、みんなほぼ同じです。

例をあげますと、

まずは準備運動してストレッチ

そして、縄跳び(ロープスキッピング)

シャドーボクシング

マスボクシング、スパーリング

ミット打ち、サンドバッグ打ち、パンチングボール

シャドーボクシング

縄跳び

道具を使い筋トレ

ストレッチで終了

だいたい一日のジムワークはこんな感じです。

練習生の場合は、特別なトレーナーなどはつかない。

特別なトレーナーといいますと、フィジカルトレーナーや

メンタルトレーナー、筋トレのトレーナーなどです。

世界チャンピオンになると、そういう特別なトレーナーをつけて

練習をする場合もあります。

そして、井上尚弥のようにロープ登りや、車押し、ハンマーでタイヤを叩くなど

フィジカルを鍛える練習をしている。

そういう特別な練習をしているボクサーが強くなる。

そのためには、トレーナーも選手自身もジム以外で強くなるための

練習をしていかないといけない。

普段のジムワークも、工夫をしないといけない。

そして、一つ一つの練習を確実にこなし悪い部分を修正したり

いい部分を伸ばしたり、トレーナーとの2人3脚でやることだ。

自分一人では、悪い部分というのは見えてこないものだ。

しかし、悪い部分の修正にばかり気を取られているといい部分が消えてしまうこともあるので、悪い部分修正に集中しないことも大事だ。

今では、チャンピオンが監修しているボクシング上達法DVDプログラムなども

販売されたりしているので、それも参考になります。

ボクシング練習法は基本的には同じだとしても、トレーナーと

選手が常に勉強をして、強くなるための練習法を考えていくことは大事だと思う

あなたも、強くなるために勉強をして下さい。

いつものロードワークとジムワークをしっかりやったうえで新しい練習法を

取り入れて練習してみて下さい。

必ず、日々の積み重ねは結果として現れるはずです。

三谷大和さんのボクシング上達法DVDではどんなことが学べるのか?

昨日もメールで、三谷大和さんのDVDについてこんな質問がありました。

「三谷大和さんのDVDでどんなことが学べるのでしょうか?教えて下さい」

これは、販売ページを見てもわかるように

●ボクシングの基礎である上半身、下半身の構え方

●構えた時のスタンスの改善法

●効果的なジャブの打ち方

●ステップの時のべた足改善法

●前後ステップの改善法

●コーナーで強くなる切り返しのステップ法

●相手の攻撃を巧みにかわせるステップ法

●強烈に強いストレートを打つ方法

●強く効果的なフックを打つ方法

●ワンツーやアッパーの効果的な打ち方

●ボディ打ちのコツ

●ダッキングなどの防御法の練習(スウエーバック・パーリングなど)

●クリンチの上手いほどき方

●カウンターでクリーンヒットするためのコツ

●サンドバックの打ち方

他にも書き上げられないくらい参考になることは多いです。

ここで監修している三谷大和さんはいまでもボクシングジムの会長として

活躍して、色々とボクシングイベントをしています。

スパーリング大会や、おやじファイトの開催などもしています。

僕が、このDVDの中で一番参考になったことが

あらゆるステップ方法とインとアウトを使ったコンビネーション法

その他、「なるほど」と思ったことは多くありました。

このDVDは、現在ボクサーで選手として頑張っている方や

トレーナーの方にも勉強になりますよ。

購入をお考えの方は、販売ページを確認しておいて下さい。


⇒詳細はこちら

 

 

パンチをかわす練習と方法

パンチをかわすには、よほどの技術が必要です。

パンチをかわすのが上手い選手に聞くとすべてのパンチが

見えているわけではないという。

なんで、パンチが見えていないのにかわせるの?

これは不思議ですね。

井上選手も、感覚でよけるといっている。

相手の、パンチを見るのではなく体全体をぼんやりと見て

動きを読みとるんですね。

肩の動き、目の動き、腕の動き、グローブの動きを

全体で判断するんです。

まずは基本のパンチのよけかたを練習しましょう。

基本のパンチのよけ方といいますと、ウィービングやダッキング

スウーエーバック、フットワーク、パーリングなどです。

普段から、反復練習して体に叩き込んでおくことです。

普段から、パンチをかわす動作を繰り返し繰り返し練習して

体に覚えさせることが大事なんです。

マスボクシングなどで、相手にパンチを打ってもらい練習するのが一番です。

そうすることで、試合でも自然にその動作が出来るようになります。

僕のパンチのかわすコツとは?

僕も、パンチをかわすのは上手いほうでした。

現役の時は、パンチのかわし方は一切教えてもらえなかったので

自分で研究して練習した。

45歳の時に20年ぶりくらいにジムに復帰したときに、若い練習生と

戦ってもパンチは、すべてかわせた。

4ラウンド戦って1発もパンチはもらわなかったんです。

何度も言いますが、僕は45歳で相手は20歳くらいの若い青年です。

僕は、基本的に相手の目はあまり見ない。

相手から目を離せば、パンチをもらうんじゃないかと思われるでしょう。

しかし、僕の場合は常に相手の喉仏や胸辺りを見ている。

たまに、目を見ながら胸そして足の動きも見る。

相手の目を見過ぎると、動きをよまれそうなので目は見ないようにしている。

胸辺りを見ていれば、相手の動きはよく見える。

ジャブを打つ前には、必ずどこか動くんです。

肩や腕、足など動くので、その瞬間少しバックステップしたり

ダッキングしたりします。

そして、パーリングしたあと止まらず必ずダッキングする。

スウーエーバックの後も、すぐに右か左にダッキングする。

ブロックしても、ブロックだけでは相手の攻撃にさらされる

恐れがあるので、すぐに頭をずらすことを意識する。

これは、練習で体に覚え込ませているから自然にできるんです。

井上選手が言う、体全体をぼんやり見るという意味はよくわかります。

あなたが、もしパンチをかわせないというなら、

相手の喉仏や胸を見て戦ってみて下さい。

今日のスパーリングで試してみて下さい。

では今日もジムワーク頑張って下さい。