フットワークは、しっかり練習しておこう。

フットワークを甘く見ていてはいけない。

井上尚弥選手のスパーリングを見たことがありますか?

井上選手は試合では、あまり使わないけど

スパーリングの時は、前後のフットワークを使い

出入りをよくしています。

相手との距離をフットワークとジャブで測ります。

そして、絶対に相手の距離には入らない。

必ず、自分の距離で戦います。

そして、試合を支配しているんです。

僕は現役時代は、フットワークを使うことで

リズムを作っていました。

そのリズムから放つジャブは確実に相手を捉えていた。

フットワークを使わずに戦ったときは体に力が入り

上手くジャブも当たらなかった。

フットワークの練習は、まず前後のフッワークから

横に跳ねるようなフットワーク

足を前、後ろに交互に踏むステップ

フットワークを使えば、相手も動きに混乱することもある。

しかし、逃げのフットワークでは意味がない。

攻撃につなげるようなフットワークが大事だ。

今は、どんなスポーツでもラダートレーニングを取り入れている。

ラダートレーニングを取り入れればフットワークの練習が非常にしやすくなります。

前にも紹介しましたが、ラダートレーニングとは、

はしごのようなものを地面に置き、

その上を出たり入ったりしながら走るというイメージ

あのロマチェンコも取り入れている練習法だ。

これは瞬発力も付き非常にいいです。

僕らの時代には、こんな練習法はなかった。

そして、ユーチューブというものもなかったので

WOWOWで録画して、レナードやハメドのフットワークを

何度も何度も見て練習していたもんです。

今ではユーチューブという便利なものがあるので

勉強しやすいですね。

フットワークを使い続けるのは足腰の強さも大事なので

毎日走って、足腰を鍛えておいて下さい。


元ボクシングトレーナーが練習法を教えます 元ボクシングトレーナーが実際にやっていた練習法を教えています

三谷大和ボクシングDVDプログラム内容とレビューはこちら



フットワークはまずは前後のフットワークから始めよう。

ボクシングでフットワークの練習は大事だ。

初心者ボクサーの場合は、まずは

前後のフットワークから始めてみよう。

前後のフットワークは、相手との

距離感を測るのに大事なんだ。

前、後ろに動きながら相手との距離を取る。

そのステップにあわせてジャブを打つ。

フットワークといっても、ただ飛ぶだけではいけない。

大きく飛んではいけないのである。

前の足がでたら、その出た分だけ後ろの足を出す。

そして、後ろに飛ぶときは後ろの足が下がった分だけ

前の足も後ろにステップする。

この細かくステップすることが大事なのである。

練習の時は、これを毎日繰り返して下さい。

まずは前後の動き(フットワーク)の練習からです。


元ボクシングトレーナーが練習法を教えます 元ボクシングトレーナーが実際にやっていた練習法を教えています

三谷大和ボクシングDVDプログラム内容とレビューはこちら



ジャブとフットワークの練習が中心やった。

自分の現役時代の練習は、ジャブとフットワークには

非常に力を入れていた。

ジャブの練習は、モーションのないジャブや

フットワークを使いながら、フェイントからのジャブ

フリッカージャブ、踏み込んでストレートに近いジャブなど

踏み込んで打つジャブの場合はタイミングとアゴを捉えれば

ダウンさせることもあった。

そしてフットワークの練習も欠かさなかった。

この2つが自分の一番の武器やった。

フットワークの練習法といえば

まず、横にステップしたり両足を交互に前に出して

前に進んだり、後ろに進んだり、横に動いたりしました。

そして、普通に前後のフットワークで回る。

ジャブを打った後、直ぐにサイドにステップして

素早く右を打つ。

こんな感じでよく練習していました。


元ボクシングトレーナーが練習法を教えます 元ボクシングトレーナーが実際にやっていた練習法を教えています

三谷大和ボクシングDVDプログラム内容とレビューはこちら



瞬発力、フットワークを鍛えるならラダートレーニングがいい。

ラダートレーニングは、ボクサーの瞬発力、フットワークに非常にいいですね。

昔は、ラダートレーニングというのは知らんかったけど、

最近では、あらゆるスポーツの練習に利用されているようです。

ロマチェンコも、この練習を取り入れています。

はしごのような形のものを、地面に置きその上を

ステップを踏みながらイッキに駆け抜ける感じです。

楽天でも販売していますので、これからトレーニングに

活用してみて下さい


元ボクシングトレーナーが練習法を教えます 元ボクシングトレーナーが実際にやっていた練習法を教えています

三谷大和ボクシングDVDプログラム内容とレビューはこちら



ロマチェンコのステップがかっこよすぎ!

ロマチェンコの動画をよく見るけど

本当にステップがかっこいい。

右ジャブを突いた後に、右にステップして

左フックを打つスピードが凄い!

あんなステップを若い頃にしてみたかった。

今、夜中の1時前で、「うちのガヤ」が終わった。

今日もチョコプラがおもろかった。

それはどうでもええか……

とにかくロマチェンコがかっこええ


元ボクシングトレーナーが練習法を教えます 元ボクシングトレーナーが実際にやっていた練習法を教えています

三谷大和ボクシングDVDプログラム内容とレビューはこちら



ボクシングのステップ

ボクシングでは、ステップの練習は欠かせない。

前後のステップは当然ながら、サイドのステップの練習

ロマチェンコのように、ジャブから素早くサイドに動き

サイドから攻めるようなステップの練習してみましょう。


元ボクシングトレーナーが練習法を教えます 元ボクシングトレーナーが実際にやっていた練習法を教えています

三谷大和ボクシングDVDプログラム内容とレビューはこちら



三谷大和さんがDVDで教えるステップ

三谷大和さんがDVDで教えているステップについてのお話をしていきましょう。

三谷さんが教えているステップに三角ステップと四角ステップとツイストステップというのがあります。これは試合では非常に有効的になります。

その中で、ここでは四角ステップの練習をしてみましょう。

四角ステップの練習は、単純に前へのステップから、横へのステップ

そして後ろへのステップ、そしてまた横へのステップというように

四角を書くようにステップの練習をしておくことです。

このステップは必ず試合にいかされます。

最近、ロマチェンコの試合を見ていると、この四角ステップを上手く

使っているのをよく見ます。

このようなステップの練習も、毎日の練習に取り入れていく事により

体に覚えさせることが大事やね。

そして、試合の場面で自然に出るようにすることです。

継続して反復練習しておかないと試合では使えません。

この四角ステップは、リングの端から端までを使ってやれば

練習しやすいですよ。

四角いリングを有効に使い練習することをおすすめします。

しかし、ジムでトレーナーが教えていない練習の場合はトレーナーが

気を悪くする場合もあるので、自分の部屋の隅から隅を使いやるのもいいかも。

もしくは公園などで、ひもを使い四角を作って、ひもの周りを回る

感じで四角ステップの練習をやってみて下さい。


元ボクシングトレーナーが練習法を教えます 元ボクシングトレーナーが実際にやっていた練習法を教えています

三谷大和ボクシングDVDプログラム内容とレビューはこちら



井上尚弥のフットワークは攻撃のためのもの

井上尚弥選手は、試合ではあまりフットワークを使わないけど

スパーリングを見ていると、前後のフットワークをよく使っている。

フットワークからリズムでパンチを繰り出している。

相手のパンチは一発も当たらないのである。

試合の時は、足を止めて前に前にプレッシャーをかけて

攻撃している姿をよくみる。

この時は、殆どフットワークを使わない。

しかし、練習ではフットワークを使うのをよく見る。

フットワークも、下半身も上半身もブレが無くて力強い。

体幹が非常にしっかりしている。

すべては、あのロープ登りや車押しのトレーニングに秘密があるようだ。

普通、フットワークを使っていても下半身が安定せずにフラフラしている選手が多い中、井上選手の下半身はしっかりしている。

決して、逃げるだけのフットワークではなくて攻撃するためのフットワークだ

そのフットワークも非常に基本に忠実である。

小さく動き、歩幅が殆ど変わらない。

あまり、フットワークが上手くないボクサーは歩幅が広すぎたり

狭すぎたり、時には足が揃ってしまったりと不安定だ。

あのブレないフットワークというのは、かなり下半身が強いことがわかる。

試合では、あまり使わないフットワークだけど今度は一度

綺麗なフットワークを使う井上選手をみてみたいですね。

 


元ボクシングトレーナーが練習法を教えます 元ボクシングトレーナーが実際にやっていた練習法を教えています

三谷大和ボクシングDVDプログラム内容とレビューはこちら



フットワークの練習

今日は、朝走りました。

近所の公園を走ると緑が多いので気持ちがいい。

今日は、その公園でフットワークの練習をしていた。

今年58歳になるのに何のために練習しているのか?

何もないけど、ボクシングが好きで研究をするのが好きなんです。

自分の若い頃も、ジャブとフットワークには凄くチカラを入れていた。

今では、ラダートレーニングといって、はしごのようなものを

地面に置いて練習することが多くなった。

しかし、自分が若い頃はそんなものはなかった。

どんなふうに練習していたかというと、まずは

●横に飛ぶように動く。

●逆方向にに横に動いたりします。

●足を前と後ろ交互に出して前に進んでいく。

●横を向いて足を前後に出しながら横に動いていく。

●横に反復横跳びのように動きながら前に進む

こんな感じでフットワークの練習をしていました。

今日も、こんな感じで公園の人の少ないところでやっていました。

朝は、おじいちゃん、おばあちゃんが多くいて

ほのぼのしていていいですね。

何歳になっても、身体を鍛えるのは大事です。

今日も朝飯がうまい。


元ボクシングトレーナーが練習法を教えます 元ボクシングトレーナーが実際にやっていた練習法を教えています

三谷大和ボクシングDVDプログラム内容とレビューはこちら



フットワークの練習 ロマチェンコ

ロマチェンコフットワークの練習が凄い!

さすがに凄いロマチェンコのフットワーク。

秘密は、この練習にあるんですね。

近いうちに、リナレスと対戦する。

楽しみな試合や。

5月は井上尚弥の試合、そしてロマチェンコの試合

楽しみがいっぱいやな。


元ボクシングトレーナーが練習法を教えます 元ボクシングトレーナーが実際にやっていた練習法を教えています

三谷大和ボクシングDVDプログラム内容とレビューはこちら