サウスポー対策

サウスポーの選手をどう攻略する…
ボクシングサウスポー.jpg
サウスポーの選手ってやりにくいですね。
本当に、どうやって攻略すればいいのか
わからないですよね。
この前の試合で、高山選手もかなり
苦しんでいました。
基本的には、相手の右足の外に自分の
左足がないと、相手の左ストレートを
もらいやすくなります。
まっ正面から攻めていくとサウスポーの
ストレートのえじきです。
サイドにサイドに回り、自分の右ストレートを
当てないといけません。
まずは、まっすぐ出す右ストレートは
当たりやすいのはみなさんもご存じですね。
左は当てにくいかもわかりませんが
サウスポーの三浦選手に対して
左ジャブを当てて、勝った内山選手。
内山選手ダウンをくらったあと、基本にかえり
左のジャブを、三浦選手の右のグローブの
上から、コツコツと当てていたジャブ。
あのジャブが打てれば、サウスポーの
攻略になります。
やはり、サウスポーということに
惑わされずに、左のジャブというのが
非常に大切です。
必ず、サウスポーの相手の真正面には
立たず、ジャブをうまく使って戦うことです。


元ボクシングトレーナーが練習法を教えます 元ボクシングトレーナーが実際にやっていた練習法を教えています

三谷大和ボクシングDVDプログラム内容とレビューはこちら



サウスポーのボクサー攻略法

サウスポーのボクサーって本当にやりにくいです。
そこで、今日は攻略法を書きます。
僕も若い頃、サウスポーの選手とスパーリング
していました。その方は日本タイトルマッチを
やったことのある先輩のボクサーです。
非常にやりにくくて、ジャブは全部右のグローブで
はらわれてしまうし、いきなりの左ストレートを
よく鼻ッ柱にもらいました。
めっちゃ痛かったのを覚えています。
その当時は、ジムの選手がすくなかったので
そのサウスポーの選手とスパーリングすることが多かったんです。
だから攻略法をいろいろ考えました。
今日は、その攻略法の1つをご紹介したいと思います。
サウスポーの左ストレートは、よく当たるんです。
ということは、こちらの右ストレートも当たるということです。
だから、左ジャブから入らずに常にいきなりの右から打つんです。
右をジャブのように、まっすぐモーションなしで打つんです。
フック気味になってはいけません。
まっすぐ打つんですよ。ジャブのように2発、3発と
続けて打つんです。
きっと当たりますよ。
今度スパーリングの時にやってみて下さい。


元ボクシングトレーナーが練習法を教えます 元ボクシングトレーナーが実際にやっていた練習法を教えています

三谷大和ボクシングDVDプログラム内容とレビューはこちら