スパーリングでも打たれてはいけない。

スパーリングは、普段なら2ラウンドくらいやる。

だから、選手は2ラウンドフルに動いてパンチを放つ。

お互いに、打ち合いをするのでパンチはもらいやすくなる。

しかし、スパーリングとはいえパンチをもらえばダメージが残る。

グローブが大きくても、ヘッドギアをつけていてもだ。

このダメージが蓄積されて、壊れていくボクサーもいる。

試合前のボクサーは、スパーリング中心の練習をしていくので

ここで打たれていては、試合前に潰れてしまう。

だから、絶対に打たせずに打つ練習をしておかないといけない。

井上尚弥選手の父は、練習でも打たれると怒るようだ。

そうですよね。自分の息子が打たれているのを見るのは辛いし

選手の寿命が短くなりますね。

僕は、選手の頃に未熟なうちにプロテストを受けさせられたので

プロテストでは、めった打ちされて首の骨を痛めて

ドクターストップをかけられた。

防御方法は何一つ教えてもらっていなかったからだ。

ただ、攻撃あるのみの戦い方しか教えてもらえなかった。

僕は、その当時痩せていてパワーがなかったので……

プロテストの相手はアマチュア出身で体格も良かったので

パンチ力もありました。

経験不足で潰された感じです。

普段の練習から、しっかり防御方法を学びジム側も考えて

スパーリング相手を選ぶことも大事でしょう。

そして、試合を組むときも実力的に同じくらいの選手と

戦わすことも大事だと思いますね。

無謀な戦いをしてしまうと、選手の寿命は短くなる。

とにかく、普段から打たれないような練習をしておきましょう。

決して、逃げまわれという意味ではないのであしからず。


元ボクシングトレーナーが練習法を教えます 元ボクシングトレーナーが実際にやっていた練習法を教えています

三谷大和ボクシングDVDプログラム内容とレビューはこちら



日本ランカーとのスパーリング

僕は、練習生の頃
日本ランカーの方とよく
スパーリングをしました。
日本ランカーってびっくりするほど
ボクシングがうまいです。
自分のパンチなんてかすりも
しないんですよ。
ボクシングをテレビで見ていると
なんで、そこでうてないんだと
思うかもしれませんが、
実際に戦ったら凄いですよ。
その頃は、ジムに日本ランカーが
2人いたので、いろいろ教わりました。
スパーリングしながら
いろいろアドバイスを
いただけたので、自分にとっては
非常に勉強になりました。
同レベルの相手との
スパーリングもいいですけど
ただ雑にパンチの交換をして
どつきあいするのもいいけど
ボクシングがうまい人と
スパーリングするのも
自分の成長にはいいです。
練習生のみなさん、
レベルの高い選手と
どんどんスパーリング
して下さい。

自分の成長のために
世界ランカーにでも
スパーリングを申し込んでも
いいんじゃないですか?
さぁ明日にでも
ジムで1番強いボクサーに
スパーリングを申し込みましょう。


元ボクシングトレーナーが練習法を教えます 元ボクシングトレーナーが実際にやっていた練習法を教えています

三谷大和ボクシングDVDプログラム内容とレビューはこちら



日本ランカーとのスパーリング!!

僕は現役時代に練習生の頃ですが、日本ランカーのサウスポーの選手とよくスパーリングさせていただきました。この選手は日本タイトルマッチで僅差の判定でまけてしまいましたが、凄く強いボクサーでした。
渡辺二郎さんとのスパーリングも一度見せていただいたこともあります。
こんな強い先輩ボクサーとのスパーリングは、怖かったけど勉強になりましたよ。
手はぬいてくれていましたけど……パンチが当たらないんですよ。
それも一発も当たらない……いろいろ勉強してサウスポーの選手と戦うときは、いきなりの右がいいと
聞いたので、ジャブを打たずに、突然右をだしてみました。
これが、これがまさか…当たったんや。やった~~~その先輩はケロッとしていましたけど
確かに、鼻のあたりにあたった手ごたえを感じました。
それ以降は、サウスポーにはいきなりの右を出して、右をジャブのように使うこともありました。
これがよく当たりました。ボクサーのみなさんもサウスポーの選手と戦うときは
いきなりの右ですよ。


元ボクシングトレーナーが練習法を教えます 元ボクシングトレーナーが実際にやっていた練習法を教えています

三谷大和ボクシングDVDプログラム内容とレビューはこちら



ボクシングって面白いですね。

ボクシングの試合前に、怖くて逃げだしたくなることってあると思うんやけど
それじゃあかんでェ
試合には絶対勝たれへんのや。やっぱり試合前にワクワクして楽しいと思えるくらいでないと
勝たれへん。それはボクシングに限らず、スポーツ全般にいえることやな。
緊張しすぎてがちがちになっとったらあかん。試合を楽しめるくらい練習せんとあかんよ。
故エディタウンゼントさんくらいの、トレーナーがいたら、メンタル面も完璧にしてくれるんですけどね。


元ボクシングトレーナーが練習法を教えます 元ボクシングトレーナーが実際にやっていた練習法を教えています

三谷大和ボクシングDVDプログラム内容とレビューはこちら



スパーリングのコツ

スパーリングのコツのお話ですが
やはり、スパーリングでは、毎回テーマを決めて
やることが大切なんや。
ただ、相手に負けたらあかんというような
負けん気だけで、スパーリングやってもだめですよ。
やはり、今回のスパーリングは何を目的にやるのか
を明確にしてやらないと意味がないと思いますよ。
スパーリングといえども試合と一緒です。
1ラウンドからしっかり組み立ててやってほしいですな。
1ラウンドは左ジャブから組み立てて、ちょこちょこと軽いジャブから
スパーンと打ち抜くストレートのような左をうってみたり
2ラウンドはワンツーからボディへの左アッパーなど
自分の頭の中で組み立ててスパーリングをやって見て下さい。
これからのあなたのボクシングはガラッと変わってきますよ。


元ボクシングトレーナーが練習法を教えます 元ボクシングトレーナーが実際にやっていた練習法を教えています

三谷大和ボクシングDVDプログラム内容とレビューはこちら