プロテストに受かるにはどうすればいい?

プロテストに合格するにはどうすればいいのか?
という質問がメールで届きましたので、お答えします。
前にも何度か、このような質問に答えたような気がしますね。
プロテストの合格しようと思うなら、基本をしっかり体に叩き込むことです。
審査する人は、その選手が基本的なボクシングができているかどうかを見ます。
スタミナがない選手の場合でも、普段の練習不足を見られる。
やはり普段から、しっかり走り足腰を鍛えスタミナをつける。
ジムワークでは、基礎練習をしっかり反復する。
後は、スパーリングをして、戦うためのスタミナや闘争心を養う。
いくら基礎的なことができていても、プロテストではスパーリングで戦わなければいけない。
ジムでのスパーリングは非常に重要なので、しっかりやっておくこと。
スパーリングは、やりすぎると体を痛めてしまいがちだけど、一番効果的です。
スパーリングをやらない日でも、マスボクシングは必ずやっておいて下さい。
戦うことに慣れることが一番大事なことです。 

元ボクシングトレーナーが練習法を教えます 元ボクシングトレーナーが実際にやっていた練習法を教えています

三谷大和ボクシングDVDプログラム内容とレビューはこちら



ボクシングのプロテストに合格するためには基礎をみっちり練習すること。

ボクシングのプロテストに合格してプロボクサーになりたい。
だけど、1回目のプロテストには落ちてしまった。
そんな方も、自信失くさなくてもいいと思います。
もう一度、冷静に自分のボクシングを見直してみたらええやないか
そう思いますね。
もう一度基礎から、みっちりとやることが大切です。
ボクシングの構え方から、ジャブ、ストレート、ステップなど
しっかりとできているのか?
防御は、ある程度できるようになったのか?
基礎を見直してみるのは非常に大切です。
ジャブひとつとっても、モーションのないジャブのうち方を練習して
相手が、入ってきにくくしたり、肩を入れた力強いジャブを打ったりと
色々なジャブを打てるようになっておくことが大事です。
ステップの正しい方法を覚えて、フットワークをうまく使えるように練習する。
ステップも前へのステップ、後ろへのステップ、横へのステップなどを
しっかり練習することです。
基礎の練習の見直しは大切なので、反復練習して下さい。

元ボクシングトレーナーが練習法を教えます 元ボクシングトレーナーが実際にやっていた練習法を教えています

三谷大和ボクシングDVDプログラム内容とレビューはこちら



パンチをガンガン打ってくるボクサーがきらい。

パンチをガンガン打ってくる相手とのスパーリングは、僕も嫌いでした。
手数が止まらないから、下がっても下がっても迫ってくる。
いやですね。
こんなボクサー。
しかし、こんなボクサーを攻略できるようにするには
とにかくまっすぐに下がらないことです。
日本や世界レベルになると、ガンガンくるボクサーはそう簡単にはいかないが、
練習生やプロテストの相手なら、そう難しくないです。
ただ、まっすぐ攻撃に来て手数が多いだけなので冷静に対処すれば勝てます。
まっすぐ攻撃にくるので、左右に動くことが大切です。
相手の攻撃に惑わされて、自分もまっすぐに下がってしまうと相手の思うつぼです。
ブロックなどで、その場をしのごうとすれば、ブロックの上からガンガンくるので
ペースをにぎられてめった打ち食らいます。
まずは冷静に相手を見て、脇をしめてまっすぐジャブを出すことです。
相手のガードの隙間を突き抜くように、まっすぐ打つことが大事です。
これで、相手の攻撃を簡単に止めることができます。
相手が、ガンガン打ってこようとしたら素早くバックステップして
そのまま下がらずに、すぐに左に回り込みフックで相手を回す。
この練習を反復して、自分の身体に覚えさせてみましょう。
もう1度いいます。
相手が攻撃に来た瞬間に、素早く小さくバックステップ
バックステップしたら、左足を軸に「クルッ」と左に回り込む。
この練習繰り返しやってみて下さい。
そして、ジムでガンガン打ってくる選手とスパーリングしてみて試してみましょう。

元ボクシングトレーナーが練習法を教えます 元ボクシングトレーナーが実際にやっていた練習法を教えています

三谷大和ボクシングDVDプログラム内容とレビューはこちら



プロテストに合格する!一番大事なことはこれや!

プロテスト合格するには、どんなボクシングをすれば
いいのか?
KOしたいために、大振りで倒しに行くのがいいのか?
インファイトで、接近して攻撃している感じに
見せて戦うのか?
いやいや、違うな
プロテストを審査している人は、ボクサーがいかに
基本に忠実にボクシングをしているのかを見ています。
●フットワークはうまくできているのか
●構え方はどうか
●ジャブは基本的なジャブを打てているか
●ストレートはどうか

すべて基本です。
相手にKOされたからといって心配する必要はありません。
一ラウンドの数秒で、強烈なKOをされた場合は失格する
確率は高いんやけどね……
しっかり基礎ができているというのを、審査員が
認めてくれたなら、最後にKOされたたとしても
合格することはある。
プロテスト全体を見てみると、だいたい接近しすぎて
パンチをうまく打てていないボクサーが多い
これは、気持ちが上ずってしまい前に出過ぎでパンチが
まともに当たらん場所におるんです。
これじゃ、基本もへったくれもないな
合格にはならんでしょ。
まずは冷静になることやで。
毎日毎日ジャブ、ストレートの反復練習をして体に叩き込んで
いたら、プロテストでも力を出せるよ。
基本基本、構えてジャブ、ジャブです
フットワークで相手の周りをまわりながらジャブ
ジャブのダブル、たまにジャブを強く
そんな感じで基本に忠実にいこう
そして、まっすぐストレートを出してみる。
相手が焦って大振りのフックを打ってきてもビビッて
目をつむったらあかん。
大振りで来ると、初心者はついビビるんです
そやから、大振りが来たらまっすぐのパンチを
当てるチャンスなんや。
必ずまっすぐのパンチがカウンターで当たるから
やってみてほしい。
何度も言うけどね、基本のジャブ、ストレート練習して下さい。
◆本日のボクシングニュース◆
●村中選手計量で体重オーバー!試合に勝つもタイトル剥奪
●井上尚弥の弟、拓真5戦目で世界狙う!!
⇒左のバリエーションを大切に


元ボクシングトレーナーが練習法を教えます 元ボクシングトレーナーが実際にやっていた練習法を教えています

三谷大和ボクシングDVDプログラム内容とレビューはこちら



辰吉さんの次男のプロテスト動画見ていました。


元ボクシングトレーナーが練習法を教えます 元ボクシングトレーナーが実際にやっていた練習法を教えています

三谷大和ボクシングDVDプログラム内容とレビューはこちら



プロテストに合格するための準備はいいですか?

強いボクサーになりたい!!そのための登竜門であるプロテストのための準備はできていますか?
プロテスト1か月前は、スパーリングをバンバンやらなあかんで。
プロテストは、たったの2ラウンドだけや。その2ラウンドは前にでてうちまくるんや。
そのためには、基礎体力は絶対に必要なんや。朝は必ず走るんやで。ほんでなマスボクシングと
スパーリングは、体を壊さんように体調管理しながらトレーナーの言うことを聞いて練習やらなあかんで。
とにかく、2ラウンド戦えるスタミナだけはつけとかなあかんのや。バテてもうたら終わりやからな。
最近のプロテストは、ある程度技術も見るので技術もしっかり学んでおかんとあきません。
昔のプロテストは多少技術がなくても、とにかく戦う闘志さえ見せてたら受かったもんやけど
最近は、そうはいまんみたいやから、しっかりジャブを打ち、しっかりストレートをうてることができないと
プロテストには合格できんまずは朝は10キロくらいを、緩急をつけて走ることや。夜のジムワークでは
実践練習を中心にやっていくことやな。スパーリングちゅうのは、ほんまに体力いるからスタミナつけるのは
スパーリングするのがいちばんやで。プロテスト1週間前くらいまではスパーリングやりまくってや。
相手となぐり合うという緊張感が非常に体力を奪われるから、思った以上にしんどいんやからな。
ほんまにボクシングは甘くみてたらえらいめにあうで。
ほんでからなあとの1週間は、マスボクシングして自分のボクシングを確認してみてほしいんや。
今日は、大阪弁で解説したんやけど、関東の人はわかりましたか?
これからは気楽に大阪弁で記事かいていくからよろしゅう頼みますわ。


元ボクシングトレーナーが練習法を教えます 元ボクシングトレーナーが実際にやっていた練習法を教えています

三谷大和ボクシングDVDプログラム内容とレビューはこちら



ボクシングのプロテスト筆記試験の内容は?

ボクシングのプロテストの内容はどんな内容なのか?
これは、内容を細かくは言えませんが、基本的なことばかりなので基本を知っていれば大丈夫だと思います。例えばボクシングの反則技の種類とか、自分の体重は何級か?とか
その階級は何ポンドか?など…僕がプロテストを受けたときは自分の体重が何ポンドかは
わからずに書けませんでした。これくらいはネットで調べておきましょう。
ネットで、ボクシング プロテスト ルールブックで検索して調べて、ボクシングの基本的なルールだけ知っていれば十分です。



元ボクシングトレーナーが練習法を教えます 元ボクシングトレーナーが実際にやっていた練習法を教えています

三谷大和ボクシングDVDプログラム内容とレビューはこちら



プロテストのための準備。

プロテストに受かるための準備はできましたか??左ジャブから右ストレート、そして………

“プロテストのための準備。” の続きを読む


元ボクシングトレーナーが練習法を教えます 元ボクシングトレーナーが実際にやっていた練習法を教えています

三谷大和ボクシングDVDプログラム内容とレビューはこちら



フットワークからワンツーを打つ

フットワークは上手になりましたか?フットワークが使えれば、相手のパンチを足でかわせることができるんですね。しかし、逃げるフットワークじゃあきませんよ。
やはり、フットワークを攻撃につなげないといけません。
きれいな足さばきから、繰り出す左ジャブ、そして右ストレート、ワンツー。
これをしっかり練習していきましょう。
足の踏み込みと、左ジャブの動作はスムーズにできていますか?足と手がバラバラだといいパンチは打てません。
毎日、足の運びとパンチの連動の動作を練習しましょう。
プロテストに合格するには、これがしっかりできていないとダメですよ。


元ボクシングトレーナーが練習法を教えます 元ボクシングトレーナーが実際にやっていた練習法を教えています

三谷大和ボクシングDVDプログラム内容とレビューはこちら



ワンツーはうまく打てましたか?ボクシングの基本ですよ。

ワンツーの練習はできていますか?ボクシングのプロテストに受かりたいなら、左ジャブ
右ストレートからワンツーをしっかり打てないと、合格するのは難しいでしょうね。
前回のYouTubeの動画を確認して練習してみて下さい。
復習してみますと、まずは左をだしたと同時に左足を踏み込み、右ストレートを腰から足を
ひねって、まっすぐに打つこと。このときに手だけでうってはパンチは効きません。
腰の回転で、右の拳に体重を乗せて打つんです。これで重いパンチが打てます。
それも、パンチが効く場所に打たないと、なかなか相手は倒れません。僕の経験上では
鼻っ端を打たれてもあまり効かなかったです。やはりみなさんもよくご存知のアゴの先端を
スパッーと打つのが一番効きます。練習してみて下さい。何度も何度も練習することです。
次回はワンツーでサンドバックを打ってみましょう。また動画で紹介します。
では次回をお楽しみに。


元ボクシングトレーナーが練習法を教えます 元ボクシングトレーナーが実際にやっていた練習法を教えています

三谷大和ボクシングDVDプログラム内容とレビューはこちら