スパーリングの時にパンチが出ないのは、色々と考えすぎですね。

スパーリングの時に、全然パンチが出ないままの人。

考えすぎでしょうね。

 

自分がパンチを出したら、カウンターを打たれるのではないか?

ジャブを出せば、パリングされてリターンジャブを当てられるのではないか?

踏みこんだらサイドに回られて……

 

なんていうのは考えすぎだ。

手を出さないと、その時間で相手に手を出される。

 

ペースを握られてしまう。

僕は、そんな時は意識してジャブを出していた。

 

軽くでもジャブを出していれば、リズムができる。

まずは、ジャブでしっかりリズムを作ることだ。

あまり無駄なことは考え過ぎずに

基本のジャブでリズムをつかみ、ペースを握る。

これを意識して冷静に戦って下さい。

僕は、これで手が出る様になりました。

フットワークを上手くやるために自分がやってきた練習法とは……

フットワークというのは、ボクシングには欠かせない。

まずは、前後のフットワークをしっかり練習することだ。

 

フットワークを使えば、防御にもなるし攻撃にも使える。

フットワークは、かかとを少し上げた状態で前後にステップする。

 

僕は現役の頃、フットワークを重要視していた。

まずは基本の前後のフットワーク、次は前後のフットワークをしながら

相手の周りを回るイメージでやる。

 

サンドバッグを打つ時も、フットワークを使いながら打つ。

今では、ラダートレーニングのようなトレーニング法もある。

 

僕の時代には、あのはしごのようなものは使わないまでも、

イメージしながら、足を前、後ろに出しながら横に動いたり

後ろに動いたりしていた。

 

反復横跳びのように、横に飛ぶ練習などもしました。

 

そして、フットワークのいいボクサーを見て練習もしました。

あのボクシング映画「ロッキー2」でロッキーがアポロに教えてもらっている

フットワークの練習の場面も参考にしたりしていました。

 

1日のジムワークの中でも、フットワークだけの練習を取り入れてみましょう。

パンチにスピードがでない…どうしたらいいのか?

パンチのスピードが無いと言われる原因として考えられるのは

まずは、力の入り過ぎではないですか?

 

構えた時から、肩に力が入り過ぎていると当然パンチのスピードが無くなります。

鏡を見ながら構えを見てみて下さい。

肩が上に上がっていませんか?

 

常にリラックスするために、肩を上下に揺らしてみて下さい。

多少は、肩の力が抜けてきます。

 

普段の練習から肩の力を抜くことを意識してシャドーしてみて下さい。

普段の練習から力が抜けていないと、スパーリングや試合の時などは

さらに力が入り過ぎるので、気をつけて下さい。

 

あとは、パンチを当てようという意識が強すぎて

リキんでしまうケースもあります。

 

とにかく、基本的なことを反復練習して力まずパンチを打つ練習をして下さい。

ジムのスパーリングではいつも相手にサンドバッグにされているようでイヤ‼

週に何回かは、ジムでスパーリングするんだけど

いつも自分はサンドバッグにされているように打たれる。

そんなことで悩んでいる練習生がいました。

 

何故こんなに打たれるのか……?

そんなあなたは、しっかり構えから練習してみて下さい。

そして、ジャブ、フットワークの基礎を大事にして下さい。

 

相手の動きをしっかりと見て、絶対に目をつぶらないことです。

 

怖がって下を見たり、目をつぶったり相手を見ないでガードを固めたりしていると

ボコボコにされて、サンドバッグにされてしまいます。

 

相手がジャブを打って来たらパリングで払う。

まずは、その練習して下さい。

 

スパーリングは、無理なら当分はマスボクシングで防御の練習をやることです。

ウィービングやダッキングが現在無理なら、パリングの練習を

毎日毎日、反復練習してみて下さい。

あなたのボクシングは、きっと変わってくるでしょう。

 

アッパーは2種類を使い分ける

アッパーの打ち方には2つある。

拳をひねり拳を横にするアッパーと、拳を縦にしたまま打つアッパーです。

僕は拳を縦にして、そのままアッパーを打ちます。

これの方が僕は、効率よくナックルに当てることが出来るからです。

 

一度、この打ち方をやってみて下さい、

打ちやすいし、効きますよ。

 

大橋秀行会長って現役時代はどんな選手だった?

大橋会長といえば、現在は井上尚弥選手の所属ジムの会長だ。

そして、最近では強いアマ選手が井上選手にあこがれてジムに来る。

 

その大橋会長の現役時代は、インファイとが上手くてボディ打ちが上手い選手でした。

150年に一人の天才と言われていた。

 

ミニマム級でありながら、ライト級くらいのパンチ力があるといわれるくらいの

ハードパンチャーだった。

 

戦績は、24戦19勝(12KO)5敗だ。

そんな天才ボクサーが、今は怪物を指導している。

 

強いボクサーを育てる会長として、凄い力を発揮している会長ですね。

 

大橋秀行 ボクシング 新!完全教則DVD-BOX 【DVD】

価格:13,530円
(2020/2/25 09:28時点)

ワイルダーがフューリーに負けてしまった。

敗でここまで来ていたワイルダーだが、今回のフューリーとの再戦では7回TKOで負けた。

テクニックに勝るフューリーの楽勝とも言っていいほどの試合やった。

ワイルダーのパンチは、確かに強い!がしかし当たらなけらば意味がない。

フューリーは、ジャブを使い防御も完璧だ。ワイルダーのパンチは空を切るばかりや。

 

ワイルダーのジャブもストレートも当たらない。

逆にフューリーのパンチは、ビシビシ当たる。

 

完全にペースを握ったフューリーがダウンを2回奪い、フラフラで足にきていたワイルダーに

連打したところで、ワイルダー陣営からタオルが投入された。

 

ワイルダーは、「まだできる」とアピールしたが、あのまま行けば完全KOされていただろう。

ここでも、基本ができていてジャブ、防御がいいボクサーが勝ちました。

マイクタイソンがダグラスに負けたのは何故なのか?

ヘビー級最強と言われていた、マイクタイソンはスピード・パンチ力とも最強だった。

そのマイクタイソンがダグラスに負けた時は、ほんまにショックやった。

まさか、あんな形で負けるとは……驚きましたね~~

強い選手が負けた時は、気持ちが沈んだものです。

それで、マイクタイソンが何故まけたのか考えてみました。

マイクタイソンと言えば、頭を振り子のように振り、グイグイと相手の中に入ってスピードのある強いパンチを打ちこんでKOするのが特徴だ。

しかし、この日のタイソンは体の動きが遅くて頭も振らずに、ただ前に出ているだけのボクシングだった。

案の定、ダグラスのジャブが思うように当たる。

完全に的になっていた。

これでは、勝てる試合も勝てなくなる。

その反対でダグラスはスピードのあるジャブでペースをつかんでいった。

タイソンは倒されるまで、単調に前に出るだけだった。

頭も振らず、ジャブも打てないのである。

ダグラスのジャブが当たれば、ストレートもあたる。

背の小さなボクサーが、中に入れなければ当然勝てない。

この時のタイソンにはキレを全然感じなかった。

タイソンが負けた敗因をまとまますと、

●頭を振らずに相手に近ついたこと。

●ジャブがでなかった。

●下半身の安定感がなかった。

●体のリズムがなかった。

すべてがいつものタイソンとは違ってしまっていた。

基本をわすれてしまっていたんですね。

ボクシングトレーナーとして、もし自分の選手がいたとしてカシメロと戦うにはどうする?

カシメロのボクシングの特徴としては、後ろ足に体重をかけて戦うのが特徴だ。

相手の選手から、かなり顔を遠ざけている。

後ろ足に体重をかけているので、当然体も後ろに傾いている。

 

だから相手のジャブが届きにくい。

一発のジャブだけではなかなか届かない位置にいるのです。

 

そして、そこにバックステップして自分の距離を作っている。

その遠い距離から、いきなり大きなパンチを打ってくる。

 

ここで防戦一方になってはいけない。必ず空振りさせることを意識することだ。

 

そして、カシメロのようなボクサーには、まずはジャブを当てることが大事だ。

ジャブは、一発でとどまらず2発、3発と連続で出して近付くことが大事

ジャブに変化をつけることも忘れてはいけない。

 

常に前後のステップから、フェイントをかけながらジャブ、ジャブ、ジャブである。

その時に、カウンターだけは気をつけながらジャブを打つこと。

 

カシメロは、ハンドスピードがないのでカウンターが取りやすい。

飛びこんでくるところは、狙いやすいのである。

 

飛びこんでくる迫力が凄いので、まっすぐさがってしまったりブロックで難を逃れようとするのは危険だ。

とにかく、空振りさせてサイドに動きパンチをかわしていきます。

 

常に、前後のフットワークで自分の距離を作り、チャンスがあれば右ストレート。

 

カシメロは確かに強いしかし、穴が多すぎるのである。

パンチを打つ時のガードの甘さをついていけばカウンターは当たる。

戦い方をまとめますと

●前後のフットワークで自分の距離を作っていく。

●カシメロは後ろ足にかなり体重をかけて、上体は後ろにあるのでジャブ連続で出す。

●ジャブの打ち方を変えて、工夫してみる。

●攻撃してきたら下がらずに、よく見てカウンターを狙う。

●ジャブを打つ時に、先に後ろの足を前に出して距離を縮めておいてからジャブで踏み込む

内容はジャブが中心になっているがカシメロはジャブがあれば崩せるはずだ。

試合では、常にジャブを意識していれば勝てる相手である。

顔が遠くにあるので、当てにくいけどジャブのスピード、踏み込みの速さがあれば勝てる。

ボクシングは打たれないことが一番大事。防御技術をしっかり練習して磨いておこう

クシングは、攻撃しないとKOは出来ないし勝てないかもしれないけど、防御もしっかりしていないと勝てない

打たれないということは非常の大事なことですね。打たれないと単純に選手寿命は長くなります。

打たれ過ぎると、やはりダメージが残りパンチドランカーになる確率も高くなります。

防御の練習は、毎日の練習の中でしっかりとやっておくことです。

防御方法には、ステップワークや、ウィービング、ダッキング、スウェーバック、ブロックと色々ある。

村田諒太選手は、防御は殆どブロックで相手のパンチを防いでいるので下手したら相手にペースを握られたズルズルと判定負けすることがあるかもしれません。

相手のパンチをどこにも当てさせないのが一番いいけどボクシングでは、なかなかそう上手くはいきません。

あの井上尚弥選手でさえ被弾することがあるのですが、あれはベテランのドネアのテクニックにやられた感じです

パンチをもらわないことは、相手の距離に入らないことが大切やけど、そのためにはジャブが大事になってくる。

井上選手がピンチの時に、ジャブをどんどんだすことでドネアは中に入れなかった。

前後のステップとジャブとブロックを駆使すれば防御はできる。

相手のパンチをかわし続けていれば、いつかチャンスが訪れるので、そこでKOをすればいいのである。

相手がジャブを打って来たら、後ろの足を少し引きバックステップして相手の距離を潰してしまう事。

ジャブが来たら、パリングしてリターンジャブを打つ、こうやって相手を自分の距離にいれない事だ。

防御のためには距離は非常に大事。

そして普段から防御の連動した動きを練習することが重要だ。

左にダッキングしたら、すぐに右にダッキングする。ダッキングの後は少し後ろにスウェーバックするというように、この連動した動きを練習することだ。

もし、あなたが攻撃の練習を中心の練習をしているのなら、これからは防御中心の練習に切り替え打たれないボクシングを意識して練習してみよう。