三谷大和さんってどんなボクサー?ボクシング上達法DVDは効果あるの?

三谷大和さんってどんなボクサー?という質問がありました。

三谷大和さんといえば元東洋太平洋チャンピオンでKO率80%のボクサーです。

現在は49歳で、ジム会長として活躍しています。

 

アマ戦績は、104戦91勝(62KO・RSC)13敗

プロ戦績は、12勝9KO 4敗です。

 

世界チャンピオンにはなれなかったけど、ジャブが良くてタイミングのいいパンチで倒すボクサーです。

YouTubeで試合を見つけたので見て下さい。

三谷大和VS平中(弟)の試合はこちら>>>

確認していただけましたか?

 

三谷大和さんのDVDが効果があるのかどうか?

これは、ずばり効果はありますよ。

どんな人に効果がるあるのかといいますと、初心者でもプロでも勉強になります。

 

内容は、基本的な構え方から防御法、攻撃法など細かく実践で説明してくれています。

 

三谷さんと選手が2人でコンビで実践しているので分かりやすいですよ。

ジムでは教えてくれない事も多いと思います。

 

ジムで教えてくれることにプラスして独自に練習するにもいいのではないかと感じます。

詳しい内容はこちら>>>

ボクシングは打たれないことが一番大事。防御技術をしっかり練習して磨いておこう

クシングは、攻撃しないとKOは出来ないし勝てないかもしれないけど、防御もしっかりしていないと勝てない

打たれないということは非常の大事なことですね。打たれないと単純に選手寿命は長くなります。

打たれ過ぎると、やはりダメージが残りパンチドランカーになる確率も高くなります。

防御の練習は、毎日の練習の中でしっかりとやっておくことです。

防御方法には、ステップワークや、ウィービング、ダッキング、スウェーバック、ブロックと色々ある。

村田諒太選手は、防御は殆どブロックで相手のパンチを防いでいるので下手したら相手にペースを握られたズルズルと判定負けすることがあるかもしれません。

相手のパンチをどこにも当てさせないのが一番いいけどボクシングでは、なかなかそう上手くはいきません。

あの井上尚弥選手でさえ被弾することがあるのですが、あれはベテランのドネアのテクニックにやられた感じです

パンチをもらわないことは、相手の距離に入らないことが大切やけど、そのためにはジャブが大事になってくる。

井上選手がピンチの時に、ジャブをどんどんだすことでドネアは中に入れなかった。

前後のステップとジャブとブロックを駆使すれば防御はできる。

相手のパンチをかわし続けていれば、いつかチャンスが訪れるので、そこでKOをすればいいのである。

相手がジャブを打って来たら、後ろの足を少し引きバックステップして相手の距離を潰してしまう事。

ジャブが来たら、パリングしてリターンジャブを打つ、こうやって相手を自分の距離にいれない事だ。

防御のためには距離は非常に大事。

そして普段から防御の連動した動きを練習することが重要だ。

左にダッキングしたら、すぐに右にダッキングする。ダッキングの後は少し後ろにスウェーバックするというように、この連動した動きを練習することだ。

もし、あなたが攻撃の練習を中心の練習をしているのなら、これからは防御中心の練習に切り替え打たれないボクシングを意識して練習してみよう。

三谷大和ボクシングDVDを見て、たまに練習しています。

三谷大和氏と言えば元東洋太平洋チャンピオンだ。

そのDVDが以前から販売されている。

このDVDで、僕自身も練習している。

現役時代はKO率80%あった三谷氏

いまでも、会長として選手たちを教えている。

このDVDでは、KOするためのポイントを教えてくれる。

ちょっとしたコツでKOは増える。

ボクサーは強くなるために筋力をつけたり

走りまくったりしてスタミナをつける。

昔の、僕のトレナーはしまいには「根性や~」

なんていう人もいた。

それだけではボクシングには勝てない。

三谷大和氏のボクシングDVDの中身を見てみると

超初心者からプロの選手に迄通用するDVDだ。

ステップ一つとっても基本のステップから

●コーナーで強くなるステップ方法、

●攻撃を上手くかわすステップ法

●相手の意表をつくのが得意な人のステップ方法

等も知れば、KOに結び付けられるステップになる。

三谷大和DVDはこちら>>>

ボクシングでは、やはり防御が大事ですね。

井上選手の試合を見てつくづく防御の大切さを感じました。

ドネアのパンチ一発で右目の上を切ってしまった井上尚弥だが、その後の戦い方では、体にしみついた防御技術で、パンチをかわしカウンターを当てていた。

右目が2重に見えたという状態でも、あれだけパンチをかわすのには日ごろの防御の練習がいきているんですね。

完全に体が、自然に動いている感じです。

ボクサーに大切なのは、防御です。打たれないボクシングが出来るという事は相手が見えているという事なので、KOもしやすいんです。

ジムワークでは、必ず防御の練習をしておきましょう。

KOは距離とタイミングが良くないとできない。

ボクシングでKOするには、やはりタイミングがよくないといけない。

いくら筋力が強くても、下半身強化していたとしても手数が多くても倒せない。

だから、試合中に相手との距離をしっかりと測りタイミングを測るのだ。

相手が出てきたら、少し下がり自分の距離を確認してみる。

まだ、打つ場面ではなかった場合は様子を見る。様子を見ながらもジャブを出して距離の確認をする。

今度は、自分で距離を詰めてパンチを打ってみて相手の反応を見てみる。

そうやって距離を確認しながら戦う。

そこでドンピシャのタイミングでパンチが当たればKOはできる。

パンチは腕が伸びきっても効かないし、近すぎても効かない。

ちょうどいい距離で、当たるタイミングがいいと必ず倒すことが出来る。

だから、いつも自分の距離というのを知り自分の距離で戦うことが大事です。

今日のスパーリングでは、この距離の確認をしながら自分が倒せるタイミングの練習をしてみて下さい。

 

自宅でボクシング練習がしたいのですが………

自宅でボクシングがしたい。

そんな方から、よく質問がくるのですが

僕が紹介している三谷大和氏と前田宏行氏の

ボクシングDVDどちらを買えばいいの?

ずばり、超初心者なら前田氏のDVDがいいです。

三谷氏のDVDは値段も17,280円なので少々高い。

本当に、チャンピオンを目指し強くなりたい人なら

買う価値はあると思いますが

超初心者には高く感じられるし内容もプロ向けです。

ボクシングを自宅で気軽に習いたいなら、

前田氏のDVD(9,800円)がおすすめです。

お値段も安く買えるのがいいでしょう。

この両氏とも知名度が高くて、選手時代はボクシング界では有名です。

その元チャンピオンが教えてくれているので信頼できます。

プロ向けなら三谷大和DVD

超初心者なら前田宏行DVD

確認しておいて下さい。

 

ボクシングDVDを見た感想

僕のブログを見ている方から、コメントが来ました。

そのコメントは、僕が紹介している三谷大和、前田宏行氏の

ボクシング上達法DVDに関する感想を教えてほしいとのこと。

それでは、まずは前田宏行氏のDVDからお話ししましょう。

前田宏行氏のDVDを見たときは、ディスク1は

ほんまに基本中の基本を簡単に教えている感じかな。

僕自身は、これはもうわかっていることなので

流して見ていたが、自宅でボクシングを始めようと

いう人に親切に作られているなという感じがした。

もう既に、ジムに通っている人にはいらないですね。

ジムで、このような基礎は習うので必要ないでしょうね。

しかし、ディスク2では、前田氏がプロのリングで

実践してきた戦い方を教えてくれています。

ディスク2に関しては、プロボクサーも通用すると思います。

前田氏のDVDのテクニックを、僕もジムでやってみたら

スパーリングで倒してしまいました。

しかしながら、全体的に見て初心者ボクサーというか

これから、ひそかにボクシングを習おうという人

ジムに行くまでもなく、少しボクシングを覚えたい

そんな人には向くDVDです。

前田宏行ボクシングDVD

 

三谷大和氏のボクシングDVDの感想

三谷大和氏のボクシングDVDは、非常に細かく教えてくれているなぁ

という印象を受けました。

一つの基礎に対して、さらに掘り下げて教えてくれている。

そして、一つ一つの攻撃、防御、ステップなど

すべてを細かく細かく実践していくDVDです。

本当に、勝つために理論的に解説したDVDです。

初心者ボクサーから、プロまで参考になるDVDだと思います。

僕自身も、非常に参考になったDVDでした。

三谷大和ボクシング上達法DVD

 

ボクシングで若い頃には、気が付かなかったこと

僕は19歳の頃ボクシングを始めて

首を痛めて、プロを断念したあと

トレーナーになったわけなんですが、

若い頃気が付かなかったことがいっぱいある。

それは、45歳の時にボクシングジムに通ったときに気が付いた。

自分のメンタルを強くする方法や、KOするために

どんな打ち方をして、どう動くかなど……

相手のパンチを見抜いて、パンチをよける方法

他にも、スタミナを使わない方法。

なんで、こんなことに気がつかなかったのか?

45歳の時に、そう感じました。

45歳の時に若い練習生と戦った。

その時に人を変えて4ラウンド戦っても

息も上がらなかった。

僕がやっていたその方法は、三谷大和氏のDVDでも

語られていた。

理論的にボクシングを学ぶことの大事さを

あらためて知りました。

強くなるためにボクシングしたいけどプロにはなりたくないという人

強くなるために、ボクシングをやりたいがプロは嫌。

そんな方はたくさんいます。

ジムに行けば、スパーリングをやらされるし……

怖いなんて思っている人多いことでしょう。

ジムに行けば、入会金と月会費もかかるしお金がない。

ジムも近くにないし、あっても雰囲気が怖い。

そんな方にお勧めなのが、前田宏行三谷大和

ボクシング上達法DVDだ。

根気はいるけど、自宅でも練習できるDVDは非常にいいですよ。

この2つのDVDは、僕も買って確認していますので勧められます。

3か月~半年はみっちり練習してみて下さい。

今の自分よりは、かなり強くはなっていきますよ。

40歳、50歳、まだまだできるボクシング

40歳、50歳といえば体力も衰えていく歳だけど

まだまだ元気な人も多い。

仕事に疲れてしまい、体型も太い、「お腹なんとかならんかな」

そんな思いで生活している人は多い。

そんな人は、ボクシングをやるべきです。

殴り合いさえしなければ、ボクシングは非常に体にいいスポーツだ。

護身術にもいいし、おやじ狩りなんかにも負けてはいけない。

自宅でボクシングを習いたいなら、僕が紹介している

三谷大和、前田宏行ボクシング上達法DVDで練習してみて下さい。