格闘技全般が大好き

僕は、ボクシング以外でもキックボクシングや

総合格闘技も見るのが好きや。

この前の那須川天心とスアキムの試合では

那須川がスアキムの額を割ってTKO勝ちしていました。

あの蹴りは凄かったですね。

ほんまに、漫画の必殺技のようやった。

あの蹴りを決めれる那須川は素晴らしいですね。

そして、今度ライジンで行われる

朝倉未来VS矢地も楽しみや。

井上尚弥のWBSSもあるけど、期間が長すぎて待ちくたびれるな

早く試合を開催しないと、選手たちの集中力が心配や。

11月に開催されるとしても、あと4か月もある。

早く日程や開催国決まってほしいな


元ボクシングトレーナーが練習法を教えます 元ボクシングトレーナーが実際にやっていた練習法を教えています

三谷大和ボクシングDVDプログラム内容とレビューはこちら



パッキャオとネリが勝った。

パッキャオが40歳で、あれだけ動けてあれだけ戦えるのが凄い!

常に前に前に出て戦う姿は素晴らしいですね。

勇敢でかっこいい。

試合前は僕は、サーマンが勝つのではないかと思っていた。

しかし、想像を上回るような攻撃的なボクシングで勝った。

とにかく、強いボクサーやな

そして、ここからはネリの話をしましょう。

完全に悪役になったネリ

今回も1回目の計量では、体重超過で再計量で成功したようです。

またまた、やらかしたか……っていう感じですね。

試合を見てみると、やはり前に出て大きなパンチを繰り出す

スピードがあまりない感じですね。

パヤノも下がりながらも応戦してネリを苦しめた。

ネリは、決定的なパンチをあてることが出来ない。

前に出て、大きなパンチを振るのはスタイルは相変わらずやな

パンチは確かに重そうではある。

しかし、スピードがないので井上尚弥にはパンチは当たらないだろう。

井上選手とは、パワー、スピード、パンチ力が確実に違う。

ただ、あの前に出てくるプレッシャーのかけ方には気を付けないといけない。

井上選手なら、あのガードがら空きのネリの打ち方のスキをついて

カウンターで倒してくれることだろう。

アメリカでは、ネリの評価は下がっているようやな。

単純に考えて、パヤノを1Rで倒した井上選手と

9Rまで倒せなかったネリのボクシングの差は明らかだ。

そのまえに、ネリには次の対戦が待っている。

ひょっとしたら、井上尚弥の弟の拓真と戦うかもしれない。

バンタム級面白いですね。

しかし、WBSSでドネアが辞退するかもしれないというニュースが飛び込んできた。

WBSSの日程や開催地が、いまだに決まっていないことが原因のようです。

確かに試合間隔があきすぎて、試合までに集中力がなくなる。

前回の井上選手も試合間隔の長さで精神的にスランプに陥ったくらいだ。

まずは、井上VSドネア戦見てみたいですね。

バンタム級は、井上とドネア戦から始まる感じがする。

しかし、バンタム級に井上選手の敵はいないような感じがしますね。

 

 


元ボクシングトレーナーが練習法を教えます 元ボクシングトレーナーが実際にやっていた練習法を教えています

三谷大和ボクシングDVDプログラム内容とレビューはこちら



村田諒太がブラントに勝つには…

もうすぐ、村田諒太とブラントの再戦の時がくる。

前回は、村田の単調が攻撃パターンが通用せずに

負けてしまった。

村田のボクシングは、ガードを上げてワンツーで決めるボクサーや。

ジャブが少なくて、いきなり右を当てようとするので相手に読まれる。

ブラントは、フットワークを使い手数が多くスピードもある。

そこに、突っ込んでいく村田はブラントの連打を浴びるパターン。

そこで、僕が村田が勝つにはどうすればいいのか考えてみた。

村田は、常に頭の位置を変えて戦うことですね。

ガードは今まで通りしっかり上げながら、ジャブを多く出すこと。

そして、拳四朗の様に、あらゆるジャブを使い分けることです。

左で、相手をコントロールすることです。

パンチ力、体の力も村田の方が上なので、そこをどう生かせるかがポイントや。

強いパンチをいかに当てることができるのか?

やはりブラントのような選手には、ワンツーだけで決めることは難しい。

しかし、無理してフックなどを打っても逆にカウンターをくらう恐れがある。

いかに、得意の右ストレートを決めれるかどうかです。

そのためには連打が必要になってくる。

頭を振って、頭の位置を変えながら前に出てパンチを打つことです。

ワンツースリーフォーのフォーで右を当てること。

フォーじゃなくても、ファイブシックスと5,6発目で当てるという意識が大事だ。

そのために、わざと空振りすることです。

パンチを当てようとワンから力が入ってしまうとスピードもなくなり

ツーの右ストレートが当たらなくなる。

そして、バテるんです。

最初の、ダミーのパンチはスピードだけで打つことです。

力を入れずにスピードで打ち、最後の右を力強く打ち込むこと。

あの神の左の山中氏は、左ストレートを警戒されても左で必ずKOしてきた。

それは、左を当てるための工夫をしてきたからだ。

村田は、左を顔面だけではなくて、胸やみぞおちなどを狙えばいい。

顔面はよけられても、体はなかなか避けられないものだ。

ワンツーを上手く、上と下に散らしながらフェイントを入れる。

ボディフックでレバーを狙うのもいいが、村田のレバーブローは

見ていて、なんとなくぎこちないように見える。

だから、ストレート系を主体に戦い、上下に打ち分けて変化をつけて

戦えば、右ストレートは当てれると思う。

当たれば、必ず倒れるだろう。

そのためには、足の動きやひざの柔らかさも大事になる。

ひざを柔らかくして、体を上下に動かしながら上下にパンチを打ち分ける。

膝を使わないと、上体だけが前に出ていってしまうのでブラントの思うつぼにはまる。

村田が勝つためのポイントをまとめますと、

●ワンツー主体の連打。

●連打の時の足の動き

●ワンツー主体の上下の打ち分け

●フェイント

●頭の位置を変える

●ひざの使い方

僕は、そう考えている。

パンチが強いのだから、宝の持ち腐れにならないように戦ってほしいですね。


元ボクシングトレーナーが練習法を教えます 元ボクシングトレーナーが実際にやっていた練習法を教えています

三谷大和ボクシングDVDプログラム内容とレビューはこちら



高山勝成がアマ初戦は判定勝ち

僕は高山君が、ロマゴンと戦う前にフリーライターの方の紹介で

高山君に合わせてもらったことがある。

凄く礼儀正しくて、いい青年です。

現在は、36歳ですが当時は20歳代やったと思います。

あの、誰も戦いたくなかったロマゴンにチャレンジした高山君の

メンタルは強い

普段は優しい感じやけど、目の奥には強いものを感じた。

全盛期のロマゴンは強いが、最後まで食い下がり後半は打ち合った。

僕は会場まで見に行っていたので迫力ありました。

前半は、いい感じで戦っていたが目の上を切ってからは失速してしまった高山君

根性で最後まで戦いましたが、判定負けしてしまいました。

その後、単身南アフリカまで行き、戦いました。

そして、今度はアマチュアにチャレンジ。

凄いボクサーです。

最後の最後までボクシングの人生。

次は東京オリンピックを目指して頑張っている。

影ながら、応援していきたいですね。


元ボクシングトレーナーが練習法を教えます 元ボクシングトレーナーが実際にやっていた練習法を教えています

三谷大和ボクシングDVDプログラム内容とレビューはこちら



井岡一翔が4階級制覇達成!

井岡一翔が、前回の負けを糧に4階級制覇した。

相手のチャンピオンはフィリピンのパリクテというボクサー

身長が高くてリーチが長い。

そして、KO率は75%と非常に高い。

高いところから打ってくる打ち下ろしの右ストレートは

パワーがありそうでしたが、井岡にはあたらない。

井岡選手は常に自分の距離を守っていました。

そして、思ったよりもスピードのないパリクテのパンチを

完全に見切っていましたね。

井岡はジャブを多く出していたし、よくあてていた。

井上尚弥のような強打はないが、地道に試合を組み立てて

後半にKOするスタイルで、試合が面白くないなんて

いう人もいるが、そのテクニックは素晴らしいものがある。

パリクテは階級を下げてきたが井岡は上げてきた。

その体格さは見てすぐわかるくらい違う。

しかし、ことごとく空回りしてしまったパリクテ

あれだけ空振りさせられたらペースが乱れます。

そして、10Rに井岡のいいパンチがあたり

イッキにラッシュした。

そこで、レフェリーが試合を止めたのだ。

パリクテ陣営は、ストップに不満があったようだけど

たぶん、あのままストップしなかったら連打にさらされて

決定的なKOになっていたであろう。

ボクサーの致命傷を防ぐのもレフェリーの役目である。

あれで、めった打ちされて倒れないのを見ているレフェリーは

あとから、攻められるのである。

「なんでもっと早くストップしないのか?」と

危険ではないかと……

そう考えるとレフェリーの判断は妥当であろう。

久々に見た、井岡の距離の取り方のうまさ。

そして防御のうまさが光った試合だった。

リングの観客席には田中恒成の姿も見られた。

次は、井岡との試合を熱望しているようだ。

井岡VS田中、いい試合になるでしょうね。


元ボクシングトレーナーが練習法を教えます 元ボクシングトレーナーが実際にやっていた練習法を教えています

三谷大和ボクシングDVDプログラム内容とレビューはこちら



ゴロフキンが戦慄KOで復活

ゴロフキンが、やはり帰ってきた。

強いですね。

いつも派手さはないものの、基本に忠実なボクシングや。

KOするときは派手やけどね。

ゴロフキンも井上尚弥も基本がすべてですね。

そして、ゴロフキンの独特のフックが凄いです。

肘を上げて、上から叩きつけるような左フックや。

あれは、パッキャオが井上選手に教えていたフックやな。

帰ってきたゴロフキン。

次は、もう一度カネロと戦うのか?

まだまだ、楽しみやな。

村田選手が今度の試合で勝てば、またまたゴロフキンとの試合が

急浮上しそうである。


元ボクシングトレーナーが練習法を教えます 元ボクシングトレーナーが実際にやっていた練習法を教えています

三谷大和ボクシングDVDプログラム内容とレビューはこちら



パヤノとネリの試合が決定したそうやな。

パヤノと言えば、井上選手に1R70秒でKOされた元チャンピオンや。

そのパヤノが、あの問題児ネリと戦うらしい。

井上選手はパヤノに勝ってほしいと話している。

そりゃ、ネリのようなやんちゃ坊主よりも

パヤノに勝ってほしいと思うのは人情やな。

ネリは、ズピードと1発のパンチ力はないものの

前進しだしたら、止まらないしつこさがある。

その反面アゴが、がら空きなので倒しやすい。

パンチは、すべて外から来るので顔面とアゴは空く。

そこにパンチをもらいダウンすることがある。

カウンターの餌食になりやすいが、プレッシャーの凄さには

迫力を感じますね。

パヤノは井上選手にKO負けした後に、1戦して復帰している。

昔を取り戻して、ネリをKOしてほしいですね。


元ボクシングトレーナーが練習法を教えます 元ボクシングトレーナーが実際にやっていた練習法を教えています

三谷大和ボクシングDVDプログラム内容とレビューはこちら



ボクシングはやめられへん。

ボクシングは、何歳になっても好きやな。

暇があったら、シャドーしとるわ。

という事で、あの亀田氏もボクシング界を盛り上げるために

アベマTVに登場した。

今度アベマTVで那須川選手と亀田選手がボクシング対決をする。

一周り違いの対決や。

那須川選手は、現在現役で亀田氏は引退している。

亀田氏は、練習でどこまで元に戻せるか?

そして、キックボクサーといえども

現役のボクシング技術の高い選手とどこまで戦えるのか?

僕の予想では、天心君が勝つと考える。

那須川選手は、ほんまにセンスがあるし練習熱心やし

負けないでしょう。

亀田氏も本気で勝つ気で行くと思うが、心の中では

那須川選手に勝ってほしいという思いがあるはずや。

那須川選手は、現役なんやから絶対に勝たなあかんでしょ。

引退した亀田氏に負けたら、これから先どうなるのか?

たとえボクシングの試合とはいえ負けてはならない試合や。

さて、どうなるのか?

それほど、興奮はせんけど見ておかなあかんな。

それにしても、亀田氏もほんまにボクシング好きなんやな。

ボクシング界盛り上げるために何でもしはるな。

俺も、焼き鶏界とボクシング界盛り上げるために

何かしたいなぁ。

よし、何か考えてやってみようかな

 

 


元ボクシングトレーナーが練習法を教えます 元ボクシングトレーナーが実際にやっていた練習法を教えています

三谷大和ボクシングDVDプログラム内容とレビューはこちら



ドネアが、順当のに勝ち上がってきた。

ドネアが当然のように決勝に上がってきた。

相手の選手は、どこまで調整できていたのか?

急に決まった試合なら準備できていないでしょうね。

ドネアも、あまりスピードがなかったように思うが

結局はKO勝ちした。

しかし井上尚弥に比べたら、やはり見劣りするかな。

それにしても、この大会をしらけさせたのはテテや。

肩のケガと言っていたから仕方ないか……

井上尚弥本人は、何も気にしていないようですがね

とにかくロドリゲスに勝つことが先決である。

ほんまに楽しみやな。

WBSSで、まずは優勝して

その後、テテと戦い勝つ。

その後ネリを倒す。

その後は、スーパーバンタムでチャンピオンを奪う。

そんな感じかな。

これからの、井上尚弥に注目。

これから井上尚弥は、まだまだ強くなるでしょう。


元ボクシングトレーナーが練習法を教えます 元ボクシングトレーナーが実際にやっていた練習法を教えています

三谷大和ボクシングDVDプログラム内容とレビューはこちら



井上尚弥が減量に入った。

井上尚弥選手が、減量に入った。

あと、6.5キロの減量のようだ。

日本にいるうちに、残り1.5キロにしておきたいらしい。

海外での試合なので、体調面に一番気を使うでしょうね。

今月末には、テテとドネアのどちらかが決まります。

そして井上選手は5月の半ばの試合や。

ワクワクするな


元ボクシングトレーナーが練習法を教えます 元ボクシングトレーナーが実際にやっていた練習法を教えています

三谷大和ボクシングDVDプログラム内容とレビューはこちら