フットワークは、しっかり練習しておこう。

フットワークを甘く見ていてはいけない。

井上尚弥選手のスパーリングを見たことがありますか?

井上選手は試合では、あまり使わないけど

スパーリングの時は、前後のフットワークを使い

出入りをよくしています。

相手との距離をフットワークとジャブで測ります。

そして、絶対に相手の距離には入らない。

必ず、自分の距離で戦います。

そして、試合を支配しているんです。

僕は現役時代は、フットワークを使うことで

リズムを作っていました。

そのリズムから放つジャブは確実に相手を捉えていた。

フットワークを使わずに戦ったときは体に力が入り

上手くジャブも当たらなかった。

フットワークの練習は、まず前後のフッワークから

横に跳ねるようなフットワーク

足を前、後ろに交互に踏むステップ

フットワークを使えば、相手も動きに混乱することもある。

しかし、逃げのフットワークでは意味がない。

攻撃につなげるようなフットワークが大事だ。

今は、どんなスポーツでもラダートレーニングを取り入れている。

ラダートレーニングを取り入れればフットワークの練習が非常にしやすくなります。

前にも紹介しましたが、ラダートレーニングとは、

はしごのようなものを地面に置き、

その上を出たり入ったりしながら走るというイメージ

あのロマチェンコも取り入れている練習法だ。

これは瞬発力も付き非常にいいです。

僕らの時代には、こんな練習法はなかった。

そして、ユーチューブというものもなかったので

WOWOWで録画して、レナードやハメドのフットワークを

何度も何度も見て練習していたもんです。

今ではユーチューブという便利なものがあるので

勉強しやすいですね。

フットワークを使い続けるのは足腰の強さも大事なので

毎日走って、足腰を鍛えておいて下さい。


元ボクシングトレーナーが練習法を教えます 元ボクシングトレーナーが実際にやっていた練習法を教えています

三谷大和ボクシングDVDプログラム内容とレビューはこちら



瞬発力、フットワークを鍛えるならラダートレーニングがいい。

ラダートレーニングは、ボクサーの瞬発力、フットワークに非常にいいですね。

昔は、ラダートレーニングというのは知らんかったけど、

最近では、あらゆるスポーツの練習に利用されているようです。

ロマチェンコも、この練習を取り入れています。

はしごのような形のものを、地面に置きその上を

ステップを踏みながらイッキに駆け抜ける感じです。

楽天でも販売していますので、これからトレーニングに

活用してみて下さい


元ボクシングトレーナーが練習法を教えます 元ボクシングトレーナーが実際にやっていた練習法を教えています

三谷大和ボクシングDVDプログラム内容とレビューはこちら



瞬発力を鍛えればKOが増える。

KOが多いボクサーの試合を見ていると、

当たる瞬間の瞬発力が凄いことがわかる。

その瞬発力を鍛えるために僕はこんな練習をした。

●ゆっくり走っていて、急に速くダッシュする。

●高くジャンプをする。

●台を用意してその場でジャンプして台に乗る。

●ジャンプスクワット

●立ち幅跳び

など瞬間的に速くい動きをすることで瞬発力は鍛えられる。

井上尚弥選手がパヤノをKoした試合を見れば一目瞭然だ。

普段から、瞬間的に速く動く練習を取り入れましょう。


元ボクシングトレーナーが練習法を教えます 元ボクシングトレーナーが実際にやっていた練習法を教えています

三谷大和ボクシングDVDプログラム内容とレビューはこちら



パンチ力を強くしたい……

パンチ力を強くしたいけど、どうしたらいいのか?

この質問はよくいただきますね。非常に多い質問です。

まずは、パンチの正しい打ち方を練習するところから始めます。

ジャブ、ストレート、フック、アッパー。

一つ一つのパンチの正しい打ち方を覚えるのは非常に大切だ。

その他、パンチがあたる距離やタイもングや拳の当て方。

いかに急所を打ち抜けるかも大事である。

力いっぱい打ってもパンチは効きません。

あと大切なことは、体幹を鍛えることです。

あの井上尚弥選手の練習を見たことありますか?

坂道の車押しとか、ハンマーで大きなタイヤを叩くとか

太いロープを、縦に振ったりという練習をしていますね。

あともう一つ、ベランダにロープをつるして腕だけで上がる。

そんな練習をしています。

僕の場合は、19歳の頃は細くて全然パワーがなくてパンチ力もないボクサーでした。

そこで、何をしたかといいますと以前に記事にしたことあるのですが

腕立て伏せ1日500回と腹筋500回と懸垂を50回を毎日やりました。

そうこうしているうちに、サンドバッグを打つ感じとかミット打ちなど

打った感じが非常に変わりました。

スパーリングでも、一発のジャブだけでも相手がのけぞるようになりました。

体全体のパワーがつくことで相手を圧倒することができることに気が付きました。

45歳の頃ボクシングジムに復帰した時は、あまり強く打っては練習生を

倒してしまうので手を抜くほどでした。

体幹を鍛えれば、これだけ違うんだという事を体験しましたね。

今では、スポーツの世界ではフィジカルトレーナーは当たり前で

フィジカルトレーナーがつくことで選手はかなり変わります。

パンチの打ち方を練習したら、あとはフィジカルを鍛えることです。

 


元ボクシングトレーナーが練習法を教えます 元ボクシングトレーナーが実際にやっていた練習法を教えています

三谷大和ボクシングDVDプログラム内容とレビューはこちら



フィジカルトレーニングに力を入れる。

フィジカルトレーニングは、非常に大切だということを知る事。

現在、比嘉大吾のトレーナーをしている野木氏が、キューバに行き

練習を見た。すると技術的なことよりもフィジカルを鍛えることに

集中しているようだ。

フィジカルトレーニングをすることで、スピード、パワーを生む

今の比嘉大吾を見ればわかる。

井上尚弥なども、ベランダからロープをつるし腕の力だけで登ったり

車を坂道で押したりしている。

あれもフィジカルトレーニングの一つだ。

日本人は、フィジカルが弱いとよく言われる。

サッカー選手を例にあげると、岡崎選手は足が遅かったようだ。

しかし、フィジカルトレーナーがついて教えただけで足が速くなったと聞く。

それくらい、フィジカルというのは大事だということを知りました。

今日も、動画でフィジカルトレーニングを紹介しておきます。

貴方の練習に取り入れたいものをやってみて下さい。

この動画がブログから削除された場合はこちらへ>>


元ボクシングトレーナーが練習法を教えます 元ボクシングトレーナーが実際にやっていた練習法を教えています

三谷大和ボクシングDVDプログラム内容とレビューはこちら



ラダートレーニングで瞬発力を鍛える

ボクシングには、瞬発力が非常に大切です。
あなたは瞬発力ありますか?
ボクシングでKOをしたいなら、やはり瞬発力がないとあかん
同じリズムでパンチを打っていても相手は、なかなか倒れません。
同じリズムの中に、スパーンと打ち抜くようなスピードが
必要になってきます。
その瞬発力をつけるためのトレーニングってどんなトレーニングを
すればいいのか?今日はこれを解説。
僕は、瞬発力を鍛えるためにやったことは、
●シャドーボクシングのときにゆっくりの動きから急にパッと早く動く
●ロードワークの時に、ゆっくり走りながら急にダッシュをする。
●坂道を一気にかけあがる。

3つとも急に早く動くというのがポイントです。
その他、調べて見るとラダートレーニングなんかも
瞬発力を鍛えるにはいいというので紹介します。
ラダートレーニングは、ボクシング以外にも
サッカー、ラグビー、野球などにも取り入れられている
トレーニング法です。

やり方は、まずはラダーというロープで、はしごのような
形をしたものを使うトレーニングです。
ラダーがなければ地面に、はしごのようなものを書いてもOKです。
そのラダーを使いどんなトレーニングをするのか?
それは、そのはしご状になったマスの中や外を決められた
ステップをしていくんです。
これで、瞬発力や敏捷性をつけていくんです。
どんなスポーツでもそうだと思いますが身体を動かすには、
例えば「左へ飛べ」「前へ飛べ」と脳が指令を出したとき
情報が脳から神経を通って筋肉に伝達されて初めて、
目に見える動作に移るわけです。
ラダートレーニングをすると、この脳から出される各筋肉への
情報伝達速度が速くなるというのです。
これで瞬発力や敏捷性が養われます。

動きを見ていると、ボクシングのフットワークのような動きもあります。
ラダートレーニングはあらゆるスポーツで取り入れられ始めていますが
ボクシングで取り入れているジムはあるんやろか?
まだ、ないんじゃないですか?
このトレーニング法は非常に効果的だと聞きました。
これなら、簡単に遊び感覚で取り組めるし、いいんじゃないかと思います。
動画で見て、練習してみて下さい。
ジムにも置いて一つのトレーニング法にいれるべきでしょう。
そのラダートレーニングとはこれです。


元ボクシングトレーナーが練習法を教えます 元ボクシングトレーナーが実際にやっていた練習法を教えています

三谷大和ボクシングDVDプログラム内容とレビューはこちら