ボクシング動画を見ていました。

さっきボクシングの動画ユーチューブで見ていました。
見ていた動画は大和田選手と大和選手の試合です。
大和田選手といえば、メンタル面が弱いボクサーでした。
しかし、この試合では非常にメンタル面の強さを見せましたね。
大和田選手はフットワークがよくて、左ジャブが非常にいい選手でした。
この試合では、階級をあげていますから少々体格が見劣りする感じがしましたが
前半は、元ヤンキーで少年刑務所あがりの大和選手が優勢に
試合を進めていました。
前半に、大和田選手はいいパンチをアゴにもらい
ダウンしてしまいます。かなり効いている感じがしましたが
立ち上がりました。今までの大和田選手ならここでKO
されていたかもわかりません。
しかし、立ち上がった大和田選手は
中盤には、自分のペースにもっていき
逆転KOしてしまいました。
あのメンタル面のよわかった大和田選手が、強くなった動画を
確認してみて下さい。

大和田VS大和戦はこちら
辰吉選手が絶対勝てないといわれた試合の動画も見て下さい。

辰吉選手のバンタム級タイトルマッチ

スパーリングのコツ

スパーリングのコツのお話ですが
やはり、スパーリングでは、毎回テーマを決めて
やることが大切なんや。
ただ、相手に負けたらあかんというような
負けん気だけで、スパーリングやってもだめですよ。
やはり、今回のスパーリングは何を目的にやるのか
を明確にしてやらないと意味がないと思いますよ。
スパーリングといえども試合と一緒です。
1ラウンドからしっかり組み立ててやってほしいですな。
1ラウンドは左ジャブから組み立てて、ちょこちょこと軽いジャブから
スパーンと打ち抜くストレートのような左をうってみたり
2ラウンドはワンツーからボディへの左アッパーなど
自分の頭の中で組み立ててスパーリングをやって見て下さい。
これからのあなたのボクシングはガラッと変わってきますよ。

今日の読売新聞に西岡選手がラスベガスで防衛戦をするという記事が書いてありました。

西岡選手って知っていますか?当然知っていますよね。
今、一番強い世界チャンピオンですね。
今度10月には、ラスベガスで世界タイトルマッチの防衛戦をするようですね。
これは、凄いですね。ラスベガスですよ…ラスベガス!!
相手は40戦38KOのベテランのマルケスという選手です。
元2階級王者です。これは手ごわい相手が出てきました。
36歳という年齢です。西岡選手も35歳ですから
ベテラン同士の対決です。
西岡選手の強さは、やはりサウスポーから繰り出すリードパンチですね。
この右のジャブが常に出ているのが西岡選手の強みですね。
オーソドックススタイルなら、左が重要です。
サウスポーなら、右が重要になってきます。
西岡選手の試合運びは非常に冷静で、意識して右をたくさん使うように
しているように見えます。そして相手が頭を低くして詰めてきたら
左のアッパーを上手く打ちますね。
そして、それがすべて左のストレートを打つための準備なんですね。
西岡選手にはラスベガスで勝ってほしいですね。
7回目の防衛戦勝って日本に戻ってきてほしいですね。

ボクシング上達してパンチを強くしたい。

またまた、パンチを強くしたいというかたから、質問ですが

これは、本当に言葉だけではなかなか言い表せないないですよ。

タイミングもあれば、スピードも大切です。

KOにもいろいろな種類があるんです。

スピードで倒すボクサーもいれば、1ラウンドから計画的に動き

相手の心理をかき乱して、最終的に倒してしまう。

スローなパンチでも、ねちこくパンチを打ち続けて

相手の精神面を打ち砕いて倒すボクサーもいますよね。

ジャガーレイレナードなんかは、相手の心理を混乱させて計画的にじわじわと

追い詰めて、最後は連打で倒すボクシングをしていました。

レナードの一発KOのシーンはあまり見なかったですね。

こんな感じで強いパンチを意識するより、自分がどんなボクサーなのか知るのも

KOへの近道やないかと思いますよ。

ただ、基本だけはマスターしておいてくださいよ。

腰の回転の大切さは前にもいいました。

腰の回転の練習をするなら、野球のバットで素振りをしてみるのも

いい練習になりますよ。

野球の腰の回転と、右ストレートの腰の回転はよく似てますからね。

あとは、右ストレートを相手のアゴを突きぬくように打ってみて下さい。

右足から、左足への体重移動も大切です。

相手にパンチが当たる時は、その拳をギュッと握りしめてその拳に

全体重を乗せる感じで打つんです。

この感じがつかめたら必ずKOが増えでしょう。

いいパンチ打てるように頑張って下さいね。

プロテストに落ちたなんて落ち込んでいる場合やないですよ。

プロテストに落ちたからいうて落ち込んでたらあかんよ。

そりゃ相手が強かったら仕方ないよ。

そやけどな、なんで落ちたのか考えてみて下さい。

練習不足か、緊張しすぎたのか、ええパンチをもらってしまって

闘志をなくしたのか…

などいろいろ原因はあると思うんです。

ただ、負けた…と落ち込んでるだけやと強くなられへんよ。

常に、なんで負けたのか考えて自分の弱いところを

強化せんとあきません。

何故プロテストに落ちたのか、トレーナーに相談してみて下さい。

そして、もう1度基礎から練習をやり直してください。

そして、次のプロテスト頑張って下さいね。

パンチのかわし方に対する質問されました。

パンチは、どうかわすのか??

これは、非常に難しい質問ですね。このブログでも

説明したことはあると思います。

普段の練習が大切です。防御から攻撃へとつなげたいところですが

なかなかそう簡単にはいきません。

防御だけの練習をしたほうがよいでしょうね。

相手とマスボクシングするときに、最初はよっくりでよいので

パンチをかわすときの動作を繰り返し繰り返しやって、その動作を

体に叩き込むことが大切です。まずはジャブのよけ方から始めてください。

マスボクシングでコツがつかめたら、スパーリングの実践でかわせるかどうが

試してみて下さい。そうすることにより左のジャブを防げるようになったら

今度は左から、右ストレートのかわし方を練習するといった具合に

一つ一つのかわし方をクリアしていき、体で覚えてください。

頭で覚えても実践にはなかなか役立たないことが多いです。

今日のジムでのマスボクシングは、左ジャブをパリング、もしくは左にダッキングしてよけてみましょう。

ではでは本日のパンチのよけ方講座は終了です。

ボクシングのトレーニング法の質問にお答え

ボクシングのトレーニング法についての質問がありましたので
お答えします。世界チャンピオンがやるような特別なトレーニング法は
解説できませんが、初心者の方がやるトレーニング法をお答えしますね。
普通の1日のトレーニング法は
①準備運動
②縄跳び 3ラウンド
③シャドーボクシング 3ラウンド
④ミット打ち 3ラウンド
⑤サンドバッグ 3ラウンド
⑥シャドーボクシング 3ラウンド
⑦仕上げのストレッチ
こんな感じで1日の練習は終了します。
この中に、スパーリングが入ったり、マスボクシングが
入ったりします。
これは、選手のレベルにより変わってきます。
ジムにいけば、どんな練習をすればいいのかは
トレーナーの方が教えてくれますから、トレーナーの方に
教えてもらってください。僕が通っていたジムでは
ストレッチの手順も絵付きで描いてくれていたので
ボクシング初心者には、非常に親切でした。
初めの頃は、同じことの繰り返しですが、何度も何度も
同じことを練習して、体に基礎を叩き込んでください。
そして、ボクシングに強くなってくださいね。

ボクシングで強くなるには自分自身をハートを強くするのも大事や

私は、若い頃はフットワークが良くてジャブのスピードもストレートも速かったけど

パワーがなかったし、ハートが弱かったんですよ。

これさえ克服していれば、日本チャンピオンになれてたんやないかと

自分なりに思っているしだいですが……

このハートの強さは非常に大切ですよ。

あの渡辺二郎さんの現役時代の試合前の冷静さにはビックリしたことがあります。

あの当時に、筋力を強化してメンタル面も強化していれば、世界チャンピオンになれたかな……

と思うくらいです。今は、もう親父なので現役復帰なんてできませんが

このブログを通じて、いい選手を育てられたら…なんて思っています。

まだまだ、ボクシングに強くなるための情報をどんどんお送りしていきますから

楽しんでブログ見て下さいね。

強いパンチを打ちたいっていう人多いですね。

強いパンチが打ちたい。
そうですよね。やはりKO勝ちしたらかっこええしね。
KO勝ちしたいからといって、ただただ筋肉をつける人が
多いと思います。筋肉りゅうりゅう=パンチ力ではありませんよ。
やはり、しなやかな筋肉を作らないと、KOパンチは生まれません。
よく、至近距離での打ち合いでも、凄いパンチを打つボクサーがいます。
そのボクサーのパンチの打ち方をじっくりみてください。
こんな近い距離のパンチでKO!!!なんてびっくりですよね。
その時の、腰の回転や相手の顔面にパンチが当たる瞬間の
力の入れ方などは、凄いですよ。
だから、サンドバックを打つときやミット打ちのときは
打つ前はあまり力をいれずに、あたる瞬間にグッと力を集中させるんです。
体全体の体重を拳に集中させる感じです。
これで、強いパンチは打てます。
意識を拳に集中させるただそれだけです。
日本のボクサーでいうなら、前田宏行さんのような
パンチの打ち方がいいですよ。

おやじファイト

今日は、朝からランニングしたんやけど熱いな~~~

50歳のおやじやけど、まだまだジャブは健在やな。

フットワークもなかなか軽いで。

まだ、おやじファイトやったら出れそうかな?

そやけどそんなに甘いもんやないからな。

そやけど出てみたい…おやじファイト……