必死の力

人って必死にならんと、なかなか身体を動かさんもんで…

経営者は常に、お店がつぶれるという恐怖感と危機感を

もっていないとあかん。

僕らがいくら「これをしときや」といったところで

危機感のない経営者はなかなか行動しませんふらふら

やばいがく〜(落胆した顔)

そう感じたときに初めて必死の力がでます。

必死というのは、ただむやみやたらと汗をかいて動くんやない

それは毎日、頭を働かせ寝ている時以外は

常に仕事の事を考えていないとお店の発展はありません。

仕事の事を考えるのが苦痛なら経営者は
やめるべきでしょう

楽しくて楽しくて仕方がないこれが仕事というものです。

飲食店経営者はなぜこの仕事をしているのか

もう一度考えることから始めてや



焼き鳥屋(飲食店)で失敗しにくい開業法(おまけにメニュー作成法、料理の基礎、暇なお店を回復させた方法を付けてます。)
詳しい内容はこちら

★この本は僕が書いたノンフィクションです。がんになりどうやって立ち直り、どんな風な考え方で社会復帰できたかを書いています。
がんから社会復帰 その軌跡とは!: がんを克服し、社会復帰するまでに自分がした行動と考え方 (∞books(ムゲンブックス) - デザインエッグ社)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です