心の大切さ

お店で働いている皆様の中には、人見知りでお客様と上手く
話せない人っているんじゃないですか?
やはり、お客様とお話ししないと、繁盛しないと思っている方は
おられると思いますが。
そんなの気にしなくていいんです。
僕はいまでも口ベタです。昔からお客様とあまりお話することもなく
黙々と働きます。
そう…お話するのは大事ですよ。それを否定しているんではないんです。
無理してお世辞をいったり、お客様にうんちくを並べたり
それを上手く出来る人ならそれでいいでしょうね。
しかし、心がないと話になりません。口数は少なくても
接客に心を感じ、提供する料理にも心を感じればお客様は
お店を好きになってくれるんです。
すべて心やと僕は思うんですよ。心ない料理を提供していると
味にでてしまうんです。お客様は、よくわかっているんですよ。
今日から、自分の心の中を見つめなおしてみてください。
きっと何かが見つかるはずです。
今日もたくさんのお客様に喜んでいただんとあかんな。



焼き鳥屋(飲食店)で失敗しにくい開業法(おまけにメニュー作成法、料理の基礎、暇なお店を回復させた方法を付けてます。)
詳しい内容はこちら

★この本は僕が書いたノンフィクションです。がんになりどうやって立ち直り、どんな風な考え方で社会復帰できたかを書いています。
がんから社会復帰 その軌跡とは!: がんを克服し、社会復帰するまでに自分がした行動と考え方 (∞books(ムゲンブックス) - デザインエッグ社)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です