松下幸之助さんの言葉「道をひらく」より

今日は、松下幸之助さんの「道をひらく」より
言葉を借りて、お届けします。
ここからは引用文です
↓      ↓
【自分には自分に与えられた道がある。天与の尊い道がある。
どんな道かは知らないが、ほかの人には歩めない。自分だけしか歩めない、
二度と歩めぬかけがえのないこの道。広い時もある。せまい時もある。
のぼりもあればくだりもある。坦々とした時もあれば、かきわけかきわけ
汗する時もある。この道が果たしてよいのか悪いのか、思案にあまる時
もあろう。なぐさめを求めたくなる時もあろう。しかし。所詮はこの道
しかないのではないか。あきらめろと言うのではない。いま立っている
この道、いま歩んでいるこの道、ともかくもこの道を休まず歩むことで
ある。自分だけしか歩めない大事な道ではないか。自分だけに与えられて
いるかけがえのない道ではないか。他人の道に心をうばわれ、思案にくれて
立ちすくんでいても、道はすこしもひらけない。道をひらくためには、
まず歩まねばならぬ。心を定め、懸命に歩まねばならぬ。
それがたとえ遠い道のように思えても、休まず歩む姿からは必ず新たな
道がひらけてくる。深い喜びも生まれてくる。】
この言葉を繰り返し、読んでいると
本当に、毎日新たな気持ちになれます。
経営者のみなさん、つらい事苦しい事、たくさんあると思いますが
頑張っていきましょう。僕も頑張っています。



危険なハチ被害を迅速に解決!【ハチ110番】






焼き鳥開業に関する悩み、お店を開業したが売り上げが上がらないや、開業の手順がわからない という悩みがある人は、このお問い合わせフォームでお話を聞きます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です