松山千春さんの言葉が若者に響く。

松山千春さんといえば、僕ら若い頃
よく聞いた歌が多くあります。
そんな松山さんが、メッセージを
送ったところ、若者たちが感動。
そのメッセージはヤフーニュース引用。
↓     ↓

若者に向けて「お前たち若い人間に足りないのは、見返りを求めすぎることだ」
と話し始めた。続けて「恋愛にしても、仕事にしても、私がこれだけしたんだから、
彼はきっとこうしてくれる。私がここまで捧げたんだから、
彼なら絶対こうしてくれる、それはあなたが見返りを求めているだけでしょ。
見返りを求めようとすると、どうしても苦しくなる。
周りが信用できなくなる。俺はこの人生を何の見返りも求めることなく、
ただ生きていたい。見返りさえ求めなければ、あなたはあなたのままで、
この人生を歩いていくことができる」と語った。

まさしくその通りですね。
見返りを気にせずに生きていく。
難しいことなのかもわかりません。
だけど、気持ちは楽になります。
生活していくには、たしかにお金は大切です。
そんなきれいごとじゃ生きていけない。
そう思う人もいるでしょう。
僕たちの使命は、お客様にどれだけ
満足していただけるかというのが使命です。
どれだけのものを人に与えることができるかが
一番大切なことやと思っています。
人から、与えてほしいとばかり
考えていてはあきません。
「くれくれ」主義の人は考え方を
変えんとあかん。
自分の生き方、考え方を変えれば
人生は変わります。
松山千春さんの言葉を見て、
今日はそんなことを考えていました。
では、今日もお店に行って、最高の
焼き鳥焼けるように、準備します。



焼き鳥屋(飲食店)で失敗しにくい開業法(おまけにメニュー作成法、料理の基礎、暇なお店を回復させた方法を付けてます。)を販売しています。
ご購入はこちら

★この本は僕が書いたノンフィクションです。がんになりどうやって立ち直り、どんな風な考え方で社会復帰できたかを書いています。
がんから社会復帰 その軌跡とは!: がんを克服し、社会復帰するまでに自分がした行動と考え方 (∞books(ムゲンブックス) - デザインエッグ社)



メニュー作り・POP作りに最適の筆文字講座


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です