人の成長がお店の成長

人は材料ではない、財産や!
人材と書くか人財と書くかで人の大切さを
どう感じているかわかる。
僕は人は財産やと思っている。

いいお店を作るためには、人は非常に大切や。
お店にお客さんが少ない間は、僕も一人で仕込みしていました。
夜はアルバイト一人という体制でした。
しかし、最近ではあの時の2.5倍くらいの売上になり
仕込みも一人では追いつかなくなった。
社員、アルバイトの募集をしても何の音さたもない。
ありゃありゃまいったな……
現在は、なんとか頑張っている。
人がいないと、お店を閉めないとあかん日が出てくるかも
そやけど、そんなわけにはいかん…
月に何回かは、お店が回らず、お客さんに迷惑かけてしまう日がある。
これじゃあかん。
現在は、最近入ったアルバイトの女の子が3人と
2年間続けてくれているアルバイトの男の子が一人です。
僕は、そんな人たちをしっかり教えて育てています。
みんなを大切にしています。
みんなが育てば、お店もどんどん育っていきます。
僕一人の力なんか所詮は、しれています。
みんなの力がないといいお店は作れない。
最強で最高のお店作りで大切なことは人です。
店主店長が、人のことを人材と思えば、人は材料くらいの仕事しか
してくれないと思います。
そやから、僕の周りの人はすべて財産なんです。
僕が財産と思って接すれば必ず答えてくれます。

皆さんも、自分を支えてくれている人を大切にして
いいお店作りをして下さい。
さぁ今日も頑張っていきましょう。



★「がんから社会復帰 その軌跡とは!」アマゾンで販売中


焼き鳥屋開業で失敗しにくい方法を教えます 脱サラから焼き鳥屋を開業したいというあなたにおすすめ




馬刺し欲しい人はこちらへ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です