40歳でがんになり、あれから15年になる。感謝でいっぱいです。

40歳の頃、独立寸前でがんが発覚して復活してから15年が経つ。
その、がんが完治してから、職がなくて途方にくれたときもあった。
そやけど、いろいろな人に助けられて今生きています。
本当に、人生を諦めていた。
もう死んだ方が楽やと思ったときもありました。
そやけど、生きてたらええこともある。
今では、孫もおるし平和やな。
そう思うと、今のお店の人手不足で大変な時も乗り切れるわ。
毎日、朝早く起きて仕入れから仕込みとイライラしながら走り回っている。
毎日、疲れてフラフラになって家に帰る。
そんな時、あの仕事ができない時を思い出して、「今は幸せやな」なんて
しみじみ思います。
今の自分がおるのも、家族や周りに僕のことを応援してくれる人のおかげやと感謝している。
毎日、毎日感謝の気持ちを忘れへん。
こうやって毎日焼き鳥を焼けること、お客さんがたくさん来てくれることに感謝やな。
みんなも、「感謝」という言葉忘れんと生きていこうや。


焼き鳥屋(飲食店)で失敗しにくい開業法(おまけにメニュー作成法、料理の基礎、暇なお店を回復させた方法を付けてます。)
詳しい内容はこちら

★この本は僕が書いたノンフィクションです。がんになりどうやって立ち直り、どんな風な考え方で社会復帰できたかを書いています。
がんから社会復帰 その軌跡とは!: がんを克服し、社会復帰するまでに自分がした行動と考え方 (∞books(ムゲンブックス) - デザインエッグ社)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です