たれをつけるタイミングは?

まことやは、たれにこだわっています。
大阪では、塩で食べる人が多いけど、たれ焼き食べてくれると嬉しいですね。
たれ焼きもつけるタイミングが違うと味も変わります。
焼き鳥屋さんにより、たれをつけるタイミングは違う。
焼く前にたれをつける焼き師の方や、最後に2回~3回くらい軽くつける人。
様々です。
たれを最初につけてしまうと、焦げやすくてたれが辛くなることがあります。
僕は、この焼き方はおすすめしていません。
焼き上がりも、たれの味が濃くて素材の味が生きてこないからです。
たれは、最後に2回くらいが一番素材の味と、たれの味がバランス良くて旨くなります。
たれは、少し焦げただけでも、醤油の辛さが出てしまうんです。
たれ焼きも素材の味を生かした焼き方の研究が大事やな


焼き鳥屋(飲食店)で失敗しにくい開業法(おまけにメニュー作成法、料理の基礎、暇なお店を回復させた方法を付けてます。)
詳しい内容はこちら

★この本は僕が書いたノンフィクションです。がんになりどうやって立ち直り、どんな風な考え方で社会復帰できたかを書いています。
がんから社会復帰 その軌跡とは!: がんを克服し、社会復帰するまでに自分がした行動と考え方 (∞books(ムゲンブックス) - デザインエッグ社)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です