お料理の値段の決め方は自由

お料理の値段のつけ方を、あなたはどんなふうにつけていますか?
僕は、一昔前までは仕入れから原価率を考えて値段をつけていました。
しかし、これをしてしまうと、すべて同じ値打ちの商品になってしまう。
お客さんから見ても、あまり面白くないお店になってしまっている。
原価率は20%の商品もあれば、30%や50%の商品もあるお店は、
なんとなく面白い
時には60%~70%の商品もあってもええんやないかと思いますね。
そこで、今では僕は料理の値段のつけ方は、先に売りたい
値段を付けるようにしている。
その値段に見合うような、盛り付けや作り方を考えるようにしているんです。
そうする方が、商品もよくなるし、お客さんにも喜ばれる
商品が出来上がるんです。
あなたも、一度そのような考え方で値付けをしてみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です