女将候補を大募集!

僕は、20年くらい前から、女将のお店が作りたいと思っていました。
現在は、作業が忙しくてそんなことを考える暇もなかった。
しかし、最近冷静に考えてみたら、女将のお店というのを思い出した。
本屋さんで、女将な店へという本を見つけたので買いました。

Meets Regional (ミーツ リージョナル) 2017年 05月号 [雑誌]

それで、思い出したんです。
女将のお店を作りたいという思いを。
この本の中に、いろいろな女将のお店が掲載されている。
どのお店も雰囲気がよさそうやな。
ただ、一品料理のお店と違い、焼き鳥というのは大変やから
かなり根性もないとやっていけない。
しかし、それでもこれから女性がどんどん活躍できる焼き鳥屋を作っていきたいと考える。
最初は、アルバイトとして頑張ってもらい、1年後くらいには女将として活躍してほしいと思っています。
これから先の人生を、焼き鳥屋にかけてみたいと思う女性は、お気軽にお電話下さい。
TEL072-685-7708
          前田まで


焼き鳥屋(飲食店)で失敗しにくい開業法(おまけにメニュー作成法、料理の基礎、暇なお店を回復させた方法を付けてます。)を販売しています。
ご購入はこちら

★この本は僕が書いたノンフィクションです。がんになりどうやって立ち直り、どんな風な考え方で社会復帰できたかを書いています。
がんから社会復帰 その軌跡とは!: がんを克服し、社会復帰するまでに自分がした行動と考え方 (∞books(ムゲンブックス) - デザインエッグ社)



メニュー作り・POP作りに最適の筆文字講座


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です