飯を食っていけるくらいあればいいか…では失敗してしまう。

僕の元には、いろいろな人が修行のことで問い合わせがあります。
その中には「自分は器用だと」いい自信満々の人もいれば
自信はないけど、頑張るんだとパワー全開の人もいる。
その中でも、自分のお店は、ある程度稼げて飯を食っていければいいんだ。
という考えの人もいる。
しかし、こういう人は、飯を食っていけるくらいの仕事しかしないんですね。
家庭があって、奥さんや子供との生活を守るんだという覚悟で来る人は
必死で頑張るんです。
死ぬ気でやるんですよ。
一生暮らしていけるだけの貯金があり趣味程度で商売するならいい。
しかし、そんなお金もないのに、ある程度のことしかしない人は必ずうまくいかない。
もし、これから独立していこうという方は、飯食っていける程度という考え方はやめて
自分のお店を繁盛店にして、家族のためにやるんだ!
という気持ちでお店を開店して下さい。



焼き鳥屋(飲食店)で失敗しにくい開業法(おまけにメニュー作成法、料理の基礎、暇なお店を回復させた方法を付けてます。)を販売しています。
ご購入はこちら

★この本は僕が書いたノンフィクションです。がんになりどうやって立ち直り、どんな風な考え方で社会復帰できたかを書いています。
がんから社会復帰 その軌跡とは!: がんを克服し、社会復帰するまでに自分がした行動と考え方 (∞books(ムゲンブックス) - デザインエッグ社)



メニュー作り・POP作りに最適の筆文字講座


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です