繁盛店について、考えてしまう。

昨日は夫婦で、北海料理のお店に行った。

先週の7日は結婚記念日だったので1週間遅れで食事に行った。

広いお店でしたが、僕ら2人と、4人の家族だけだった。

ピーク時なのに厳しいですね。

こんなお店をみると、何故こうなっているのか?

自分だったら、どうやって繁盛店にしていくのか考えてしまう。

たまたま暇だったのかも知れないが、それにしてもお客さんが少なすぎると感じた。

僕が思うには、このお店をネットで調べてみると、北海食材を使用しているし

かにやエビという高級な食材も使っている。

これは高級なお店なんだろうと思っていた。

しかし、行ってみると普通の居酒屋という感じだった。

調理の職人さんという感じの人もいないので、「んっ」と思いました。

高級だと思ったのが、普通だったという「悪いギャップ」がある。

料理も、普通の料理が多くて、こだわりが見られない。

かにの刺身は、やはり冷凍なので水っぽく感じられた。

僕が思うには、このお店が繁盛するために、まずはメニューを減らして

もう少し、食材にこだわりを持つことが大切だと感じた。

特に、カニやエビや刺身類には、とことんこだわることだ。

思い切って、もっと高級路線に移行する方がもっと良くなると感じた。

僕は仕事上、こうやってお店を見ていくことが自分の感覚を磨くことやと思うのでいつも、こうやって評価するようにしている。

悪いところばかり、見るのではなくて「こうすればよくなる」という部分を

徹底的に観察している。



焼き鳥屋(飲食店)で失敗しにくい開業法(おまけにメニュー作成法、料理の基礎、暇なお店を回復させた方法を付けてます。)を販売しています。
ご購入はこちら

★この本は僕が書いたノンフィクションです。がんになりどうやって立ち直り、どんな風な考え方で社会復帰できたかを書いています。
がんから社会復帰 その軌跡とは!: がんを克服し、社会復帰するまでに自分がした行動と考え方 (∞books(ムゲンブックス) - デザインエッグ社)



メニュー作り・POP作りに最適の筆文字講座


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です