「仕事」から「志事」へ移行しよう。

仕事の意味って何やろうか?

そんなことを考えていた。

本来仕事とは単に「すること」という意味でしかなかったようだ。

それが、「すること」でもあり「すべきこと」でもある。

その「すべきこと」が生きていくために働くことになり

「職業」も意味するようになったという。

やがて、「お金を稼ぐために行うこと」「職業」という意味で

「仕事」を用いることが多くなったらしい。

「仕事」という言葉は、あまりいい言葉ではないように思うのです。

大体の人は、朝起きたら「あ~今日も仕事か」とか「明日から仕事イヤだな」

なんて仕事に対して、楽しくないような言葉ばかりが聞かれる。

そんな人は、なんのために働いているのかわからない。

僕は、ガンになった時に仕事を失った。

そやから働けることには非常に感謝している。

もし、貴方が仕事をお金稼ぐためだけのものだと思っているなら

「仕事」を「志事」というように変えてみたらどうだろう。

「志事」というのは、志(こころざし)をもってやる事

これは信念です。

これを絶対やるんだという「志」「信念」をもってやる事。

あなたも、仕事がイヤと思うなら

「仕事」を「志事」に変えて働いてみてはどうですか?

人生変わると思いますよ。



他のフランチャイズで独立をお考えの方へ
40代、50代からの雇われない生き方 フランチャイズの窓口

スポンサー広告





焼き鳥開業に関する悩み、お店を開業したが売り上げが上がらないや、開業の手順がわからない という悩みがある人は、このお問い合わせフォームでお話を聞きます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です