飲食店では、スタッフ1人1人がお客さんの感動することを考えて行動することが大事

今の飲食店というのは、昔のように開業すれば

必ず、お客さんがたくさん来るとは限らない。

ただ、料理が旨いだけとか、接客がいいだけではあかん。

それだけでは、お店は繁盛しない。

そこには感動というものが必要なんです。

料理に感動、接客に感動。

特に接客というのは非常に大切や。

接客一つで、料理の味も変わるくらい大事や。

最近では、アルバイトの人が某チェーンのラーメン屋に

行ってきたというのを聞いた。

そのラーメン屋は、元気で明るい、そしてお客さんへの

気使いが非常に良かったようです。

いつもお客さんはいっぱいの状態やと言っていました。

その接客には感動があった!

その接客こそがラーメンの味をさらに旨くしているんですね。

当然チェーン店やからマニュアルはあると思います。

しかし、マニュアルだけでは限界があるんです。

マニュアルがあっても心がない接客ではあかんのですわ。

人を感動させる料理、人を感動させる接客を考える。

お店のスタッフ1人1人が個々で、感動を考えることなんです。

「どんなことをすれば、お客さんは感動してくれるんだろう?」

「どんなことをすれば喜んでもらえるんだろう?」

それを常に考える必要がある。

毎日毎日考える。

そしてお店に入って営業が始まったら

その瞬間瞬間で感動することを考えて実行すればいい。

スタッフみんなが、それを心がけていけば

最強で、最高のお店になっていくはずや。

さぁ今日もお客さんの感動のために何かをやろう。

お客さんの喜ぶ顔や、感動する顔を浮かべると

嬉しくなるやろ。

そうやって、毎日ワクワクワクワクして志事するのが楽しいですね。

ほな今日はこの辺で……バイバイ~~



★「がんから社会復帰 その軌跡とは!」アマゾンで販売中


焼き鳥屋開業で失敗しにくい方法を教えます 脱サラから焼き鳥屋を開業したいというあなたにおすすめ




馬刺し欲しい人はこちらへ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です