飲食店 POPが上手くかけないという人へ

飲食店では、POPは非常に有効になってくる。

飲食店やなくても、商売をしていればPOPは大事や。

POPだけで、売り上げが変わってくることは間違いない。

しかし、字が下手で上手く書けないしキャッチコピーを

考えるのが苦手や。

そんな人は多いと思う。

しかし、そんなに難しく考えることはないのです。

とにかく書けばいいんです。

書くことでPOP作りに慣れてくるんです。

かっこよく書こうなんて思わんでもええ。

字なんか下手でもええんですよ。

心で書くんです。

なんちゅうたら、またまた精神論か!

なんて言われるかもわかりません。

そやけど、心のこもっていないものなんてお客さんは

感動しないし、読まないし買ってくれないんです。

まずは、自分のこだわりや自分が食べた感想や

スタッフに食べた時の感想などをPOPに盛り込めばいい。

それこそが人の心を動かすんです。

だから、売れるPOPが書けるようになるまで書き続けて下さい。

書いて書いて書き続けているうちに、売れるPOPが書けるようになる。

とにかく書かないとあきませんよ。



焼き鳥屋(飲食店)で失敗しにくい開業法(おまけにメニュー作成法、料理の基礎、暇なお店を回復させた方法を付けてます。)を販売しています。
ご購入はこちら

★この本は僕が書いたノンフィクションです。がんになりどうやって立ち直り、どんな風な考え方で社会復帰できたかを書いています。
がんから社会復帰 その軌跡とは!: がんを克服し、社会復帰するまでに自分がした行動と考え方 (∞books(ムゲンブックス) - デザインエッグ社)



メニュー作り・POP作りに最適の筆文字講座


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です