感謝し、感謝されながら働くことの大切さ

経営者と従業員は、お互いに感謝し感謝されながらやっていかないと

いいお店にはなっていかない。

経営者側が、いくら感謝しても答えてくれない従業員が1人でもいれば

絶対にお店の売り上げは落ちていく。

相手が感謝の気持ちを持っていないかどうかは、相手の行動や

言葉、態度ですぐわかる。

そうすると、経営者側も感謝の気持ちはなくなってくる。

こうなると、お店は上手くはいかない。

現在、まことやでは感謝の気持ちをもって働いてくれる人ばかりなので

厳しさの中にも、楽しさや明るさがある。

この雰囲気なら、お店は上手くいくと感じる。

雰囲気の悪いお店である場合、お客さんはすぐに察知します。

そして、離れていくんです。

今では、スタッフみんな忙しい中、お店のことを考えてくれて

みんなが頑張ってくれている。

嬉しいことやな。

ほんまに感謝感謝ですね。

これからも常に周りの人達に感謝していきたいものですね。

 



焼き鳥屋(飲食店)で失敗しにくい開業法(おまけにメニュー作成法、料理の基礎、暇なお店を回復させた方法を付けてます。)
詳しい内容はこちら

★この本は僕が書いたノンフィクションです。がんになりどうやって立ち直り、どんな風な考え方で社会復帰できたかを書いています。
がんから社会復帰 その軌跡とは!: がんを克服し、社会復帰するまでに自分がした行動と考え方 (∞books(ムゲンブックス) - デザインエッグ社)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です