焼き鳥(飲食店)の安売りは禁物!適性な値段を知ろう。

飲食店経営していると、お店が暇になると色々考えてしまう。

そんな中で店主が一番先に考えるのは、商品の値段です。

自分のお店は高いのではないか?

よそのチェーン店は、かなり安いからみんなはそっちに行くので

自分のお店も安くしよう。

なんて思ってしまう店主が多くいると思います。

今では高槻でも、均一のお店も多くあり、時間無制限で飲み放題なんていう

お店も多くある。

個人店がそんなことで勝負していたらお店は潰れてしまいますよ。

商売は、仕入れに対して適性な値段をもらわないとあきません。

仕入れたものを、そのまま売るわけではないのです。

お店側が、なんらかの手を加えてお客さんに提供するのです。

その中には、手間もかかっているし、技術も必要や。

そして、焼き鳥屋なら炭代もかかる。

煮物するにも、ガス代もかかる。

いろいろなコストがかかっているんです。

儲けるために、多大な料金をもらおうなんて考えなくてもいい。

ただ、その商品に見合った値段を付けるべきや。

これから、お店を開業しようという人は、値付けが難しいことでしょう。

値段というのは、仕入れから算出してしまうと面白くないのである。

原価率がすべて30%ばかりの商品では、お客さん的も楽しくないメニューになる。

値段のつけ方として、店主がいくらで売りたいかを考える方が先やな。

その値段にするために、どないしたらええのかを考えることや。

ここで、基本的な値段のつけ方を紹介します。

まず、自分のお店の客単価は、どれくらしたいのか考えて下さい。

例として、あなたが客単価3,000円のお店にしたいと考えたとしましょう。

それなら、どんな風な値段のつけ方をすればいいのか?

まずは串物から値段を付けていきましょう。

客単価3,000円の場合は、3,000円÷20と計算します。

すると、あなたのお店の串の中心価格帯がきまります。

中心価格帯は1本150円ということになります。

ここで、すべて一串150円にしろというわけではない。

中心価格帯が150円になればいい。

中心価格帯といえば、お客さんがパッと見て認識できる価格帯のこと。

150円という串物が多いと感じればお客さんは、

「このお店はだいたい1人3,000円くらいかな?」と考える。

一品料理の場合は、3,000円÷6となり、500円くらいが中心価格帯になる。

こうやって、メニュー一つ一つの値段をつけて自分が考えている客単価に近くすることです。

その中に原価率が50%くらいのお得感のあるメニューや原価率の低いメニューなどを組み合わせていくとお客さんから見ても楽しいメニューになります。

激安の衝動買いメニューなどもいれて、注文を促すことも大事ですよ。

このように、値段を付けていき儲けをだしていきましょう。

 



★「がんから社会復帰 その軌跡とは!」アマゾンで販売中


焼き鳥屋開業で失敗しにくい方法を教えます 脱サラから焼き鳥屋を開業したいというあなたにおすすめ




馬刺し欲しい人はこちらへ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です