暇なお店を繁盛させるために色々なことをやった。

今まで、いろいろなお店の店長やマネージャーをやった経験がある。

場所があまり良くないお店も経験してきた。

お客さんが、なかなか入ってこず辛い日々を送った時も多くあった。

そんな時に自分ややってきたことはたくさんある。

行動してきたからこそ、繁盛の法則というものがわかってくる。

今まで、暇なお店を忙しくするためにやってきたことといえば

●チラシを独自で作成して、ポスティング

●近くの企業を粗品とサービス券を持ってあいさつ回り

●チラシ新聞折り込み

●企業に、ダイレクトメールを送る。

●駅前でのチラシ配り

●ネットで集客する。

●お店の近所の人に、お店の売りの商品を試食してもらう。

●新メニューを開発してPOPで販売

●お店のファザードを手作りで変える。

ザッとこんな感じですが、挙げればもっとあります。

自分のお店が暇やと嘆く前に、行動することが繁盛へと結びつきます。

 



焼き鳥屋(飲食店)で失敗しにくい開業法(おまけにメニュー作成法、料理の基礎、暇なお店を回復させた方法を付けてます。)を販売しています。
ご購入はこちら

★この本は僕が書いたノンフィクションです。がんになりどうやって立ち直り、どんな風な考え方で社会復帰できたかを書いています。
がんから社会復帰 その軌跡とは!: がんを克服し、社会復帰するまでに自分がした行動と考え方 (∞books(ムゲンブックス) - デザインエッグ社)



メニュー作り・POP作りに最適の筆文字講座


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です