中小企業診断士の勉強のやり方を変えた。

中小企業診断士の勉強を毎日やっているが、あまり時間がないので

勉強のやり方を変えた。

どんなふうに変えたかというと、スピードをつけたんです。

スピードをつけたとは、どういうことなのか?

それは、勉強をするときの音声を早送りするという単純なことです。

この勉強は、画像と音声とテキストで勉強しているので

早送りすることで、時間を短縮している。

説明している言葉は、非常に速くなるので耳をすまし理解しようと真剣になる。

そして、3日に分けて3回聞くことにしている。

こうすることで速く頭の回転も速くなってくる。

最近では、そのスピードにも慣れて、かなり速いスピードでも

言葉がわかり理解も出来るようになってきた。

この勉強法は、皆さんも実践してみて下さい。

勉強のスピードは2倍くらい速くなりますよ。

中小企業診断士の勉強に関連する記事はこちら>>>

 

 



焼き鳥屋(飲食店)で失敗しにくい開業法(おまけにメニュー作成法、料理の基礎、暇なお店を回復させた方法を付けてます。)を販売しています。
ご購入はこちら

★この本は僕が書いたノンフィクションです。がんになりどうやって立ち直り、どんな風な考え方で社会復帰できたかを書いています。
がんから社会復帰 その軌跡とは!: がんを克服し、社会復帰するまでに自分がした行動と考え方 (∞books(ムゲンブックス) - デザインエッグ社)



メニュー作り・POP作りに最適の筆文字講座


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です