昨日から焼き鳥修行の人が来ました。

昨日は焼き鳥修行の人が、串打ちを始めました。

焼き鳥修行初日は、小さなことも細かく指導。

横で「ジッ」と見ながら、いろいろ確認していました。

少し緊張していたように感じましたが、最初にしっかりと

基礎を教えておかないと、あとあと困りますからね。

真っ白な状態からの研修なので、非常に素直で謙虚です。

串打ちも、初めての割にはスムーズに進みました。

7月初旬のオープンは、決まっているので

スピードをつけて教えていかないといけません。

スピードつけながらも、きっちりと教えていかなあかんな。

4月は串打ちの修行、そして5月は焼きの修行

6月は実際に店舗に入いる。

6月は、仕込みから営業終了までの流れを経験してもらう。

こうやって3か月の修行で独立する。

これから、3か月どのように成長していくのか

ほんまに楽しみや。

人がお店を開業するのは、自分のお店を持つくらい嬉しいものです。

 

 



焼き鳥屋(飲食店)で失敗しにくい開業法(おまけにメニュー作成法、料理の基礎、暇なお店を回復させた方法を付けてます。)
詳しい内容はこちら

★この本は僕が書いたノンフィクションです。がんになりどうやって立ち直り、どんな風な考え方で社会復帰できたかを書いています。
がんから社会復帰 その軌跡とは!: がんを克服し、社会復帰するまでに自分がした行動と考え方 (∞books(ムゲンブックス) - デザインエッグ社)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です