焼き鳥の焼き方の修行が始まる

今週から、焼き鳥の焼き方の修行が始まる。

いよいよやな。

自分の手腕が問われるときや。

自分は、若い頃に師匠に教わったのは

「料理は愛情や」ということ。

焼き鳥をおいしく焼くコツは「愛情や」

自分もお弟子さんには、そう教える。

自分が串打ちした鶏を、美味しく食べて頂きたい

そんな思いがあるからこそ焼き鳥に愛情が入るのである。

心を込めていない愛情のない焼き鳥は美味しく感じられないのである。

当然、炭の組み方、火加減、串打ちの仕方も大事である。

そやけど、最終的には愛情である。

忙しくて、多少オーダーがの提供が遅れてもいいではないか。

心を込めて、毎日焼き鳥を焼きたいものですね。

 

 

 



焼き鳥屋(飲食店)で失敗しにくい開業法(おまけにメニュー作成法、料理の基礎、暇なお店を回復させた方法を付けてます。)
詳しい内容はこちら

★この本は僕が書いたノンフィクションです。がんになりどうやって立ち直り、どんな風な考え方で社会復帰できたかを書いています。
がんから社会復帰 その軌跡とは!: がんを克服し、社会復帰するまでに自分がした行動と考え方 (∞books(ムゲンブックス) - デザインエッグ社)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です