がんになってから、現在までを振り返る

人間は生きていても、いつ何が起こるかわからない怖さがある。

僕が経験したガンというのは、非情にも登り調子だった時の自分を襲った。

40歳というパワーあふれるときに、襲ってきたのであります。

あれで人生が狂ったのは確かやけど、それも運命やと受け止めて生きてきた。

そやから、もう何も怖いもんはないんですわ。

今回、書いた「がんから社会復帰!その軌跡!」という電子書籍の中に

その思いというのをびっしり書いている。

この本は、紙の本でも6月18日からアマゾンから販売されます。

その本の中でも、この時の状況が書かれています。

40歳の時に、独立してお店を開店しようとした半月前にガンの宣告を受けた

不運な男

しかし、幸運にも命は助かった。

病気から学んだことは多いし自分を変えてくれ強くしてくれた。

そして、優しい人にしてくれた。

そして、思うことをすぐに行動に移せるようにしてくれた。

幸運にも助かった命を大事にして生きていきたい。

今は、そんな気持ちが強い。

そやから、1日、1時間、1分、1秒がほんまに大切や。

今日も、大切な時間を楽しく面白く、有意義に過ごしていきたいものですね。

 

 



焼き鳥屋(飲食店)で失敗しにくい開業法(おまけにメニュー作成法、料理の基礎、暇なお店を回復させた方法を付けてます。)
詳しい内容はこちら

★この本は僕が書いたノンフィクションです。がんになりどうやって立ち直り、どんな風な考え方で社会復帰できたかを書いています。
がんから社会復帰 その軌跡とは!: がんを克服し、社会復帰するまでに自分がした行動と考え方 (∞books(ムゲンブックス) - デザインエッグ社)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です