飲食店繁盛の研究

飲食店(焼き鳥屋)を始めてから、今年で31年になる。

大手チェーン店にいた頃は、店長としても繁盛店を創ってきた。

そして、がんを患い社会復帰してからは飲食店、特に焼き鳥屋の

コンサルタントをしたいと考えたのです。

「コンサルタントになるんだ」と決めてから13年くらい経つな。

まだまだ、それほど有名でもないけど地道にファンは増えている。

飲食店をやっていて、売り上げが上がらないという人がいれば

助けたくなってくる。

長年飲食店に携わっていると、お店を見ただけで、どこをどう修正すれば

売上が回復していくのかはすぐにわかってくる。

現在は、これから焼き鳥屋開業したい人に有料でノウハウを教えている。

串打ちも、焼きも基本さえ知ってしまえば、後は一生自分で成長していかないといけません。

串打ち一生、焼き一生ですよ。

しかし、今の時代は焼き鳥が美味しいというだけでは繁盛はしない。

商売が難しくなってきているのは確かである。

だから、常にお店の進化を考えて行動しないといけないのであります。

コンサルタント業というのも、どんどん難しくなってくるのである。

時代により、変化してくるからである。

だからこそ、日々研究し勉強する。

僕は、基本的に1人でインターネット関係のことも焼き鳥学校のことも

お店の運営、人事のこと、料理開発、コンサル業のすべてをやっている。

もう一人では追いつかなくなってきているのは事実である。

そやけど、今を乗り越えていかないと先がない。

さぁ、あとワンステップ踏み出して頑張っていこか。

 



★「がんから社会復帰 その軌跡とは!」アマゾンで販売中


焼き鳥屋開業で失敗しにくい方法を教えます 脱サラから焼き鳥屋を開業したいというあなたにおすすめ




馬刺し欲しい人はこちらへ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です