高槻ではお店が去り、また新しいお店ができる繰り返しやな

最近は、高槻ではお店の撤退が目立つ

そして新たにお店を開業するのも目立つ

高槻の近辺を歩いていると、まことやの近くに2件も

お店を開業し始めている。

高槻のメインの通りにも、いつのまにか新しいお店ができている。

これだけ、お店が増えると商売って厳しくなりますね。

安いだけのお店は消えていく。

安いだけでは、お店は成り立たないんですね。

そこで、大事なのがお店の個性です。

個性のないお店は、どんどん苦しくなっていってしまいます。

僕たち焼き鳥屋も、焼き鳥屋だけが競合店ではないのです。

高槻にあるすべてのお店が競合店なんです。

油断はできない。

地道の中に、個性を生かしたお店作りが大事だ。

日々変化、そして楽しめるお店作りを心がけないといけないのである。

高槻には、まことやに偵察にくる経営者も多い。

そんな中で、まことやのメニューを自分のお店のメニューとして

マネするお店も出てくるのです。

それも、まことやよりも安い値段で提供するお店があったりもします。

しかし、安売り戦争に巻き込まれたらお店は終わりです。

適性価格を守り、個性的で、いいお店を作る。

これからの時代、飲食業で生き残るには難しい時代になってくる。

生き残り、発展させるための方法を考えていこう。

経営者は、汗水たらして働くのもいいが

頭を使い、考えて頭に汗をかきましょう。

 



焼き鳥屋(飲食店)で失敗しにくい開業法(おまけにメニュー作成法、料理の基礎、暇なお店を回復させた方法を付けてます。)を販売しています。
ご購入はこちら

★この本は僕が書いたノンフィクションです。がんになりどうやって立ち直り、どんな風な考え方で社会復帰できたかを書いています。
がんから社会復帰 その軌跡とは!: がんを克服し、社会復帰するまでに自分がした行動と考え方 (∞books(ムゲンブックス) - デザインエッグ社)



メニュー作り・POP作りに最適の筆文字講座


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です