年齢のギャップを埋めるには真剣さしかない。

現在、僕のお店では若いアルバイトの子が多い。

僕との年齢差は、35歳~40歳くらいある。

そんな若い子達と話が合うはずがないのである。

しかし、遠慮して仕事を教えているとお店が良くならないし

その子達の成長にも関わる。

若い子は若い子の考え方があるかもしれない。

しかし、僕らは真剣に若い子達と接していかないといけないのある。

叱るときは叱って教育していかないとあかんのです。

時に、無断欠勤してそのまま来なくなった子もいたりします。

そんな子でも平気で給料だけはもらいにきたりもします。

常識がない子がたまにいます。

それでも、正しいことは何なのかをしっかり教えていかなあかん。

歳の差で、何も教育できないと、すべてがメチャクチャになる。

これから、いいお店作り、いい人間創りをしていく。

大切ですね。



★「がんから社会復帰 その軌跡とは!」アマゾンで販売中


焼き鳥屋開業で失敗しにくい方法を教えます 脱サラから焼き鳥屋を開業したいというあなたにおすすめ




馬刺し欲しい人はこちらへ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です