40歳・50歳から焼き鳥屋をやりたい方を応援

僕は、基本的に40歳、50歳の方の焼き鳥屋の独立を応援している。

40歳から50歳の頃には、今のままサラリーマンのままでいいのか…

なんて、悩んでいる人が多いのは確かなんや。

僕の元にも、40歳、50歳の人が修行に来ることは多い。

まるっきりの素人の人が多くて、みんな真剣に取り組んでいる。

飲食店は時間も長くてしんどいけど、それでもやりたいと

頑張っている。

そんな40歳、50歳の男女を、これからもずっと

応援していこうと考えている。


★この本は僕が書いたノンフィクションです。がんになりどうやって立ち直り、どんな風な考え方で社会復帰できたかを書いています。
⇒「がんから社会復帰 その軌跡とは!」アマゾンで販売中



焼き鳥屋開業で失敗しにくい方法を教えます 脱サラから焼き鳥屋を開業したいというあなたにおすすめ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です