営業時間は短め目に……

飲食業というのは、仕入れや仕込みの時間が長い。

仕込みが終わった時点で、バテバテや。

その後、休憩なしで営業へと移る。

まことやは、営業時間は平日で

17:30~22:30(ラストオーダーが22:00)です。

外の電気は、1時間前には消しますので

実質は、21:30までの営業時間。

ちなみに日・祝は22:00までの営業です。

短時間集中型のお店です。

でないと、自分の時間も持てないし

身体にも悪影響を及ぼす。

そして、長時間労働していては

美味しい料理も作れないし

その日1日が、単なる作業で終わってしまう。

そやから、できる限り時間を短縮している。

いいお店を作り上げるための時間短縮である。

僕は、常連さんにも営業時間は守ってもらっている。

よくお客さんにつき合って、営業時間過ぎても

お店を開けている店主がいるが、そんなことしてたら

次の日の仕事に差し支えるのでやめるべきだと考える。

店主は、お店を離れてもたくさんやる事があるのである。

僕は30歳前半くらいは、大手フランチャイズチェーンで

働いていた。

その頃は、毎日朝の5時まで働かされていた。

この頃は、働いているというよりも

働かされていたのである。

家に帰るのは、朝9時くらいで家で仮眠をとったら

直ぐにお店に仕込みに行く。

睡眠時間は2~3時間くらい。

おまけに定休日はない……

これこそ今でいうブラック企業やな。

そんな経験があるからこそ、

営業時間は極力短めにしているのである。

今は定休日も、ちゃんと取るようにしている。

今は、大手チェーンも働き方改革している時代や。

昔みたいなことしていたら、社員も入ってこない時代や。

これからは、働く環境を整えていいお店作り

いい会社作りをしていかんとあかんな。

今は人手不足で苦しんでいるけど

自分がやれることを着実にやるしかない。



焼き鳥屋(飲食店)で失敗しにくい開業法(おまけにメニュー作成法、料理の基礎、暇なお店を回復させた方法を付けてます。)を販売しています。
ご購入はこちら

★この本は僕が書いたノンフィクションです。がんになりどうやって立ち直り、どんな風な考え方で社会復帰できたかを書いています。
がんから社会復帰 その軌跡とは!: がんを克服し、社会復帰するまでに自分がした行動と考え方 (∞books(ムゲンブックス) - デザインエッグ社)



メニュー作り・POP作りに最適の筆文字講座


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です