鼻うがいで健康に(上咽頭炎を治療しよう)

今日は、僕が現在やっている健康法を紹介します。

その健康法とは、鼻うがいです。

体調がどうもすぐれないけど、検査しても悪いところがない…

そんなあなたは上咽頭炎を治療すればいいらしい。

上咽頭というのは、鼻の奥にある咽頭です。

妻の知り合いで、耳鼻咽喉科でBスポット療法をして

体調(逆流性食道炎)が良くなったと聞いた。

このBスポット療法とは、鼻の奥と喉の奥に

塩化亜鉛を直接塗り炎症を治すという療法のようです。

そこで、この本を買ってみました。

↓     ↓

つらい不調が続いたら慢性上咽頭炎を治しなさい [ 堀田修 ]

 

こちらは、まだ買っていませんがよさそうです。

↓     ↓

病気が治る鼻うがい健康法 体の不調は慢性上咽頭炎がつくる [ 堀田修 ]

 

Bスポット療法は、ある特定の耳鼻科しか

やっていない。

その耳鼻科一覧が、最初に紹介した本に掲載されていました。

この本で、学んだことが鼻うがいです。

やり方としては、

まずは、500mLのミネラル水に小さじ3分の1くらいの塩を入れて混ぜる。

僕の場合、その塩水をスポイドで吸って、少し上を向いて片方の鼻に入れる。

右2回、左2回の鼻うがいを1日に3回やる。

そうすることで、喉の違和感や寝ているときの胃酸の逆流がなくなった。

これは調子がええな。

これからも、ずっと続けていこうと思う。

皆さんも、少々体調が悪いと感じたなら

鼻うがいやってみてはいかがですか?

どうしても体調がすぐれないなら先程ご紹介した本を

買って読んでみるか

ネットで「地域名 耳鼻科 Bスポット療法」で検索すれば

この治療をしている耳鼻科が出てくると思います。

そして、その耳鼻科に相談してみて下さい。

今日は、僕の健康法(鼻うがい)を紹介しました。



焼き鳥屋(飲食店)で失敗しにくい開業法(おまけにメニュー作成法、料理の基礎、暇なお店を回復させた方法を付けてます。)
詳しい内容はこちら

★この本は僕が書いたノンフィクションです。がんになりどうやって立ち直り、どんな風な考え方で社会復帰できたかを書いています。
がんから社会復帰 その軌跡とは!: がんを克服し、社会復帰するまでに自分がした行動と考え方 (∞books(ムゲンブックス) - デザインエッグ社)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です