飲食業経営している人は体を使うより頭を使おう。

飲食店というのは、長い時間働くのが

当たり前という考え方がある。

しかし現代は、どこも働き方改革している。

自分の時間もしっかり取り、健全に仕事をする。

僕の若い頃30歳~40歳までは19時間労働くらいは

当たり前の時代やった。

寝る時間はだいたい2時間~3時間くらいかな。

昔のアイドルやないんやからな……

お店の定休日もなし、当然お盆、正月休みもなし

そんな時代のやり方していたら、ブラックですね。

体も壊すし、精神も壊れる。

今の時代には合わないですね。

しかし、甘い考えで勤められても困るんですよね。

その兼ね合いが非常に難しい。

今は、いかに体を使わずに頭を使って経営していくかも

非常に大事になってくる。

僕も来年には、60歳になる。

今までのような働き方をしていると体も持たない。

だから、頭を働かせることに集中している。

そして、思ったことはすぐに行動して動いている。

僕の元に修行に来る方は、年配の人が中心です。

飲食業やから、ある程度は体を使うのは仕方がない。

しかし、頭を使わずガムシャラにやるだけでは

体がもたなくて病気になってまう。

しっかり休みを取り、休みの時には身体を休めて

頭を働かしてほしい。

僕の頭は、年中フル回転している。

電車に乗っているときも、お風呂に入っているときも

トイレにいるときも、歩いているときも

孫と遊んでいるときも、何かいいヒントはないものかと

頭を働かせている。



焼き鳥屋(飲食店)で失敗しにくい開業法(おまけにメニュー作成法、料理の基礎、暇なお店を回復させた方法を付けてます。)を販売しています。
ご購入はこちら

★この本は僕が書いたノンフィクションです。がんになりどうやって立ち直り、どんな風な考え方で社会復帰できたかを書いています。
がんから社会復帰 その軌跡とは!: がんを克服し、社会復帰するまでに自分がした行動と考え方 (∞books(ムゲンブックス) - デザインエッグ社)



メニュー作り・POP作りに最適の筆文字講座


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です