飲食店のドタキャン事件

ついこの前にテレビのニュースでやっていたドタキャン事件

これは、新しくオープンしたお店やった。

7000円コースで10名様の予約の電話があったようだ。

店主は、オープン早々予約が入り、ワクワクして

料理の準備をしていた。

そして、予約の時間が来たが来ない…

電話をしても出ない…

その電話番号も嘘だったようです。

悔しかったでしょうね。

お店としては、前日から材料を揃えて準備していく。

そして、当日の魚など注文して準備する。

7000円のコースやから、かなり準備は大変やったやろうな。

それを聞いたときに、俺も腹がたったな。

その店主は、その内容をツイッターにあげたようや。

そうすると、それを見た人たちがお客さんとして来てくれたらしい。

来店されたお客さんは、店主の辛い気持ち、悔しい気持ちを

思い来てくれたんやなぁ

嬉しいことですね。

それにしても、このドタキャンは許せんな。

悪質すぎるやないか。

店主は、被害届をだした。

悪質な、ドタキャンをした人が見つかったら

謝罪して、弁償してほしいですね。

同じ飲食店経営者として、ほんまに腹が立つ事件やった。



焼き鳥屋(飲食店)で失敗しにくい開業法(おまけにメニュー作成法、料理の基礎、暇なお店を回復させた方法を付けてます。)を販売しています。
ご購入はこちら

★この本は僕が書いたノンフィクションです。がんになりどうやって立ち直り、どんな風な考え方で社会復帰できたかを書いています。
がんから社会復帰 その軌跡とは!: がんを克服し、社会復帰するまでに自分がした行動と考え方 (∞books(ムゲンブックス) - デザインエッグ社)



メニュー作り・POP作りに最適の筆文字講座


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です