故 松下幸之助さんの名言

「商売とは感動を与えることである」松下幸之助さんは、そう言った。

まさしく、その通りですよね。

僕も若い頃は、そんなことは考えたことはなかった。

チェーン店にいた頃は、料理を覚えたり作るのに必死になり

そして、よその店に負けてたまるかと売り上げばかりを

追いかけていたように思う。

しかし、大病をしてからは人に対して感謝の気持ちを持ち

焼き鳥を焼く気持ちも変わったように感じる。

そして、その焼き鳥で感動してくれるお客さんが増えました。

「焼鳥が美味しい」というよりも「感動しました」

そういう声を多く聞くようになった。

ほんまに嬉しいことやなと思う。

これからも、心で焼き鳥を焼きみんなを感動させたい。

ずっとその気持ちを忘れずに商売していきたいものですね。



★「がんから社会復帰 その軌跡とは!」アマゾンで販売中


焼き鳥屋開業で失敗しにくい方法を教えます 脱サラから焼き鳥屋を開業したいというあなたにおすすめ




馬刺し欲しい人はこちらへ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です