労働基準法は飲食店では難しいなぁ

労働基準法では、労働時間は1日8時間となっている。

その休憩入れて9時間

しかし、飲食店では仕込み時間というのがある。

焼き鳥屋で働くには、仕入れや仕込み時間を合わせれば

どうしても、12~13時間になってしまう。

自分の年齢で飲食店経験が長い人は、これくらいは当たり前なんやけど

これからの時代では、そういうわけにはいかんな。

そやけど、社員に8時間労働を守らせようと思ったら

結局、経営者がしんどい思いせんとあかん。

社員を雇うにしても、覚悟のある人でないと

飲食店は勤まらない。

ただ、楽しければ何時間でも働けるけどね。



焼き鳥屋(飲食店)で失敗しにくい開業法(おまけにメニュー作成法、料理の基礎、暇なお店を回復させた方法を付けてます。)を販売しています。
ご購入はこちら

★この本は僕が書いたノンフィクションです。がんになりどうやって立ち直り、どんな風な考え方で社会復帰できたかを書いています。
がんから社会復帰 その軌跡とは!: がんを克服し、社会復帰するまでに自分がした行動と考え方 (∞books(ムゲンブックス) - デザインエッグ社)



メニュー作り・POP作りに最適の筆文字講座


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です